日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

落葉の炎
オチバノホノオ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年04月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

黒岩重吾の原作を「眠狂四郎炎情剣」の星川清司と「早射ちジョー 砂丘の決斗」の山中耕人が共同で脚色「人間に賭けるな」の前田満洲夫が監督した青春もの。撮影は「執炎」の間宮義雄。

スタッフ

企画
浅田健三
原作
黒岩重吾
脚色
星川清司山中耕人
監督
前田満洲夫
撮影
間宮義雄
音楽
伊部晴美
美術
木村威夫
照明
吉田一夫
録音
太田六敏
スチール
寺本正一
編集
丹治睦夫

ストーリー

鈴掛信次が間柄冬子を知ったのはクラブ・ベラドンナであった。その夜クラブではふとしたいさかいから白人が黒人を殴り倒し、白人と黒人の間に一触即発の険悪な空気がただよっていた。そこへ長い髪をたらし、真赤な洋服に身をつつんだ一人の少女が現れた。少女は白人に『ゲット・アウト』と鋭く叫んだ。白人はその少女の奴隷でもあるように、すごすごとクラブを出ていった。後には黒人を相手に激しく踊り狂う少女の姿があった。それが冬子であった。信次はこの夜の感動を忘れられず、冬子を探して町をさまよった。そしてある日信次は街角で冬子に会った。冬子は自ら信次を喫茶店リルケに誘った。向いあった冬子には、クラブでの激しさと異った平凡で清楚な雰囲気があった。信次はこんな神秘的でさえある冬子の気まぐれを愛し、二人は逢う瀬を重ねた。そして信次は冬子に問はれるまま、隠していた母の秘密を話し、母の経営するバー・れい子に冬子を連れていった。冬子は恥かしがる信次の思惑をよそに激しく踊り狂うのだった。そんなことを契機に二人の仲はより親しくなり、口ずけを交すようになった。だがなぜか冬子には、そんなときにも時として深い影が宿った。そしてある日冬子は姿を消した。それから何日かたった秋の日、舞い落る落葉のように冬子は帰ってきた。こんどは冬子が自らの傷あとを話した。冬子の父は暴力団のボスであった。彼女はそんな父に反発する意味でヤクを打ち男を抱いた、というのだ。信次は心の動揺を押えることが出来なかった。冬子はそんな信次の心を見抜いたかのようにまた姿を消した。しかし信次は冬子を忘れることが出来ず、冬子につきまとう黒眼鏡の男から冬子の居場所を聞き、北海道の修道院に冬子を訪ねた。今は誤解もとけ二人は手をとり合って喜びあった。が、それもつかの間。ダンプカーが冬子をひき去った。今はもの言わぬ冬子を求めて、信次の絶叫が雪原にむなしくひびいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。