日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

われら劣等生
ワレラレットウセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年03月13日 
製作会社
ワールド・プロモーション 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

鈴木亮の原作「現代高校生気質・われら劣等生」を「赤いダイヤ」の柳沢類寿が脚色、日本テレビ・ディレクターの佐藤雄三が監督した青春もの。撮影は「雌・めす・牝」「この道赤信号」の岩橋秀光。

スタッフ

製作
八木脩
企画
伊藤久夫
原作
鈴木亮
脚色
柳沢類寿
監督
佐藤雄三
撮影
岩崎秀光
音楽
いずみたく
美術
黒沢治安
照明
石田清三郎
録音
四家秀次郎
編集
金子半三郎
スチル
米田信行

ストーリー

東和高校三年の新聞部員横田大助は、母一人子一人でアパートの一室をかりて暮していた。母とき子には愛人の松本がいたが大助は「おふくろもまだ若いんだから--」と割り切っていた。だが卒業も間近になり、家の事情で進学をあきらめなくてはならなくなった大助は、勉強するはりを失っていった。が、ある日、大助はとき子から、大学に行けるかも知れないと言はれた。松本が学資を出してくれるというのだ。大助は母を思って、いったんは断ったものの、心の動揺をおさえることはできなかった。そんなとき大助と同じ新聞部員、清水哲夫が編集会議の席上「ミス東和高校人気投票」の企画を提案した。しかし進学、就職を間近にひかえた部員たちは、後のいざこざを恐れて、この企画に消極的だった。そのとき大助が立ちあがった「俺が責任をとる、高校最後の楽しい思い出をつくろうではないか--」この大助の発言に部員たちも引きずられて、この企画を強行することにきまった。やがて「ミス東和高校人気投票」が発表され、校内は騒然となった。特に勉強嫌いの滝川やラグビー部のキャプテン高原はまっさきに賛同した。一方大助に仄かな恋心をよせるみち子、寿美枝、君子らも、表面は男の子の横暴に顔をしかめながらも自分の票数を気にしていた。だが、やがてこの企画が教員の間にも知れ渡り、大論争の末、中止させるべきだという強硬意見が強くなった。この企画の首謀者として大助も教員室に呼ばれた。が、大助は自説をまげず必ず僕の手で始末をつけると言い残して教員室を去った。やがて投票日になった。大助は、集った投票紙を校庭にぶちまけると火をつけて燃してしまった。そして、大助はそのまま学校を退学すると、力強く社会へふみだしていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。