日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

拳銃野郎
ケンジュウヤロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年02月13日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「月曜日のユカ」の斎藤耕一と「午前零時の出獄(1963)」の中野顕彰が共同でシナリオを執筆「男の紋章 喧嘩状」の井田探が監督したアクションドラマ。撮影もコンビの萩原泉。

スタッフ

企画
水の江滝子
脚本
斎藤耕一中野顕彰
監督
井田探
撮影
萩原泉
音楽
山本丈晴
美術
柳生一夫
照明
大西美津男
録音
八木多木之助
編集
井上親弥
スチル
石川久宣

ストーリー

刑務所を出所したばかりのキラー・ジョーと親爺の二人はタッグ・チームを組んで街に出た。キラー・ジョーは、殺しにかけてはスゴ腕で、やくざの憧れの的であった。そのジョーは、親子程も歳の違う親爺の娘を探すために街に出た。スゴ腕をきかすジョーは、チンピラに鉄挙をあびせては金をまきあげ、まず紳士然とした身なりを整え、親爺と理髪店に寄ったところを、この街のボス北村松五郎の殺し屋洋次に襲われたそしてカミソリをつきつけられた揚句有金全部を奪われた。金がなくても、紳士の気分で、高級ホテルを泊り歩くジョーの度胸に、親爺はめんくらっていた。ある日、ホテルのロビーで全国のやくざ連合の発会式に出くわしたこ人は、主催者北村に会った。何故かこそこそ逃げる親爺をしりめに、北村と対面したジョーは、かつて北村の乾分を傷めつけたことがばれ、いざ格闘という時に、かつてのジョーの恋人可奈子が抱きついて来た。だが、今は洋次の情婦になっていた可奈子を中に、大乱闘がくり広げられた。遂にかけつけた親爺の手で洋次は肩を射ち抜かれた。一方北村はキラー・ジョーが出所したのを聞き、早速幹部の大熊を殺し屋として使わした。可奈子の誘いで外出したジョーは、北村らに襲われたが、ジョーを見るなり北村は別人であることを知った。洋次の成敗を受けたジョーは本当のジョーは北村の過去の悪事を知っているのだと知らされ、それが親爺であることも知った。怒ったジョーは、親爺に拳銃を向けたが、射つことが出来なかった。そして二人で北村の目から逃れ娘を捜すことを約束した。だが翌朝親爺は「墓まいりをして旅に出ると」置手紙を残すと姿をくらませていた。かけつけたジョーは娘を親爺に代って娘を育てた老人を墓前に見た。その頃、親爺は北村を襲い重体であった。娘を託されたジョーは北村を追い仇を討つと、親爺の買った晴着をもって、高飛びしようとしたが、後から狙う大熊の拳銃に、ジョーの拳銃が飛び、ついに、親爺の仇を討った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。