日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母の歳月
ハハノサイゲツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年01月30日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

野田高梧の原作を、第一部を野田高梧自身、第二部を赤穂春雄が脚色、「おかあさんのばか」の水川淳三が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの堂脇博。

スタッフ

製作
城戸四郎桑田良太郎
原作
野田高梧
脚色
野田高梧赤穂春雄
監督
水川淳三
撮影
堂脇博
音楽
池田正義
美術
浜田辰雄
照明
豊島良三
スチール
小尾健彦
編集
浜村義康

ストーリー

〈第一部〉昭和十一年二月二十六日。江戸から東京まで五代も続いた料亭「尾花」の娘伸子は北上周介と華燭の典を挙げた。昭和十七年。三人の子供の母となった伸子は、戦火をさけて、伸子の家に女中をしていた篠の田舎信州へ疎開した。昭和十九年。学徒出陣で伸子の弟省造が出征したのと同時に周介にも召集令状が来た。田舎の人たちは都会育ちの伸子たち一家に冷たかった。そんな或る日、特攻隊で出撃するという省造が、別れを告げに帰ってきた。村の神社で姉と弟は淋しく別れをかわした。昭和二十年八月十五日。日本は破れた。と同時に省造戦死の公電が入った。やがて周介が復員してきた。昭和二十一年、伸子たちは一家あげて帰京し「尾花」の焼跡にバラックを建てた。伸子は新橋の闇市で雑炊を売って生計をたてた。しかしある日、周介は街でアメリカ軍のジープにひき殺された。その時伸子は五番目の子を宿していた。 〈第二部〉ようやくの思いで戦後の混乱期を乗り切った伸子は、銀座裏に「新尾花」という小料理屋を開店した。今では五人の子供たちも、長男一郎は銀行マンに、長女紀子はすでに嫁ぎ、次男二郎は大学生に、そして次女梢は音楽を志し、三男三郎は高校に入学していた。なかでも一郎は弟妹たちの父親がわりとなり一家の中心をなしていた。そんなうちに梢は島崎という恋人をもった。だが島崎は身体が弱かった。さんざん辛苦をなめてきた伸子は島崎が病弱なのを理由に、この結婚に反対した。しかし島崎に一途な恋情をかきたてる梢は、そんな伸子の反対をしりめに、ジプシーバイオリンに転向して、島崎のために金を貯めた。だが島崎は間もなく死亡した。島崎の身体は“原爆症”にむしばまれていたのだ。一方篠の息子正一は成人して航空自衛隊に入隊していた。やがて伸子の心配のたねだった「尾花」の後継者も三郎が継ぐことに決った。そして一郎はアメリカの支店に栄転することになった。が渡米の前日一郎は伸子に突然、結婚を誓いあったという市村藤子を紹介した。一郎の嫁は自分の手で、と夢をはせていた伸子の動揺は押えることができなかった。伸子は一人旧「尾花」の跡にたたずんだ。時代が変ったのだ--そっとつぶやく伸子を夜が深々とつつんでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。