日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜霧の脱出
ヨギリノダッシュツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年06月09日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

越智春海の同名小説を「殺られてたまるか(1964)」の中西隆三と「黒の挑戦者」の石松愛弘が共同で脚色「姿なき拳銃魔」の小杉勇が監督したアクションもの。撮影は「東京五輪音頭」の中尾利太郎。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
越智春海
脚色
中西隆三石松愛弘
監督
小杉勇
撮影
中尾利太郎
音楽
小杉太一郎
美術
西亥一郎
照明
高橋勇
録音
太田六敏
編集
近藤光雄
スチル
石川久宣

ストーリー

菊村淳治は、ボスの岩間を射つと、情婦にされようとしていた悦子を連れて、神戸を脱出して横浜に逃げた。だが、顔なじみのアトラス丸水夫長楊から、国外脱出の望みを断れた。ちょうどその頃、国道で銀行車が襲われ六千万円強奪されたニュースを知った淳治は、関口組の仕業にちがいないと目星をつけ、関口組の根城、ナイトクラブ“エース”に乗りこんだ。岩間とドル取引きを考えていた関口は、思わぬ淳治の出現に拳銃戦で、淳治を消そうとしたが、先手を打った淳治は壁にかくしてあった札束をもって逃走した。しかし途中パトロール中の刑事に出会いその中に、かつての旧友水田の姿を見て、ひるむところを淳治は逮捕された。翌日から始った執拗な審問に口を割らない淳治に、水田は心を痛めた。--水田は七年前神戸で沖仲仕をしていた頃、暴力団にからまれる所を淳治に救われた。その度胸を買われた淳治は、それ以来岩間の片腕となり、消息を断っていた。--数日後、関口らの手で悦子が監禁されていることを知った淳治は、救急車で運ばれる途中、逃走し、関口らの罠に入っていった。悦子はかつて淳治が恩を受けた、船医津村の娘で、死に際、津村は悦子を母の国ブラジルへ連れていって欲しいと頼んで息をひきとったのだった。淳治は、関口のアジト、エースにかけつけると、関口の情婦美技の好意で悦子を救い出し、波止場近くのホテルに身を潜めた。一方水田は、淳治を逃がした責任から解任され、単独で淳治を追っていた。そして淳治らの潜むホテルを見つけたが、淳治はスキを見て美枝のマンションにかくれ、アトラス丸の入港を待った。アトラス丸の入港した日、淳治は悦子のいるホテルに向ったが、水田をおびき出した関口らは、悦子を連れ去ったあとであった。その夜、関口と岩間の取り引きがマンションで行われるのを聞いた淳治は、美枝の部屋に潜み、取引きが始ると部屋に躍り込み、110番に急報して、机の上にあった一〇万ドルと六千万をわし掴みにすると逃走した。警官隊の包囲の中、淳治は悦子を連れて楊の案内でモーターボートに乗ろうとしたが、水田に自首を求められ、やむなく水田を射った。アトラス丸に悦子を送りこんだ淳治は、水田のもとに帰り水田を助け起こそうとする所で、手錠をはめられた。激闘の最中アトラス丸の出港は告げられ、岸壁を去った。見送る淳治、水田の顔が晴れ晴れとしていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。