日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大日本ハッタリ伝
ダイニホンハッタリデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年01月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

花登筐の原作を花登筐と「ああ青春の胸の血は」の才賀明が共同で脚色「美しい十代」の吉村廉が監督した喜劇。撮影は「俺たちの血が許さない」の峰重義。

スタッフ

企画
友田二郎
原作
花登筐
脚色
花登筐才賀明
監督
吉村廉
撮影
峰重義
音楽
池田正義
美術
佐谷晃能
照明
吉田協佐
録音
八木多木之助
スチール
寺本正一
編集
井上治

ストーリー

青年社長の青砥弘は、オヤジから継いだ会社が、不況に次ぐ不況で倒産寸前。フィアンセの敏子も、そんな弘にあいそをつかしかけていた。一方、下町のドヤ街では、弘とウリ二つのハッタリ男源吉が、食堂満腹軒の店員宮子にベタぼれし、大奮闘。そのころ思い余った弘は、海に身投げ自殺を計った。ところが、弘が身を投げた崖下には、宮子へのプレゼントに真珠をとろうと源吉がアミをかまえていた。そのアミの中に弘は真さかさま。ビックリした源吉は早速ドヤ街に意識不明の弘を運びこみ介抱した。弘の遺書から事情を知った源吉は社長に化けて、会社に乗りこんだ。うまうまと社長になりすました源吉は、例のハッタリズムを発揮して、給仕をも動員し帳簿点検をはじめた。驚いたのは乗取りを企らむ悪徳重役の野田や荒川だ。たちまち会社は戦々キョーキョーとなった。一方ドヤ街の弘は、住人たちの手厚い看護で意識をとりもどしたものの、すっかりここが気にいってしまった。そのころ弘は、会社が経営するナイトクラブを盛り立てようと、あの手、この手と珍妙なスペシャル・サービスにつとめ、ナイトクラブは毎夜満員。会社も立直りのキザシを見せた。しかし、これをけむたく思う悪徳重役野田は、鬼山組の殺し屋奥山を使って、ナイトクラブの売上金を強奪した。怒った源吉は、鬼山組の敵羅生組がショバを狙っているとデマをとばし、鬼山組のかい滅を計った。が、この計画も、鬼山と羅生がハチ合せをして、この作戦がすっかりばれてしまった。源吉は、鬼山組と羅生組にとりかこまれたが危機一髪、助けに入った源吉の仲間の機転で、鬼山組と羅生組は大乱闘。かけつけた警官の御用となった。意外な事件の発展に、弘は宮子と源吉は敏子と結婚することになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。