日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

エイトマン ロボット007/光線銃レーザー
エイトマンロボットダブルオーセブンコウセンジュウレーサー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1964年07月21日 
製作会社
東映動画部 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

平井和正作、桑田次郎画の漫画を原作としたテレビアニメーションの劇場用編集版。「まんが大行進」の一編として上映された。

スタッフ

マンガ
桑田次郎
企画
三輪俊道
原作
平井和正
構成
河島治之
脚色
平井和正豊田有恒
製作
TBS

出演者

ストーリー

〔ロボット007〕国のスパイが、エイトマンより大きく、力の強いロボット007を連れて現われた。007は、エイトマンをある国に連れ戻すために来たという。谷博士から、自分が某国の戦略武器として作られたことを聞かされたエイトマンは、正義のために起ちあがり、007を撃退するのだった。 〔光線銃レーザー〕光線銃レーザーを使って、銀行破りを働くギャング団が現われた。この調査にあたった東探偵(エイトマン)は、銃の出所は、女流博士水沢ゆかりであることを知った。ゆかりは、子供の時、スパイ団のミューラーに父を殺され、その仇をうつために、ミューラーと会わせてくれることを条件に、ギャングの首領ゴーガンに銃を手渡したのだった。だがゴーガンはゆかりを裏切った。ミューラーに殺される寸前、ゆかりはエイトマンに助けられた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。