日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

犯罪のメロディー
ハンザイノメロディー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年03月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

「新忍びの者」の高岩肇と「真赤な恋の物語」の井上梅次が共同でシナリオを執筆、井上梅次が監督したアクション・ドラマ、撮影は「結婚の設計」の平瀬静雄。

スタッフ

製作
桑田良太郎
脚本
高岩肇井上梅次
監督
井上梅次
撮影
平瀬静雄
音楽
広瀬健次郎
美術
逆井清一郎
照明
津吹正
録音
新楠元
スチール
小尾健彦
編集
浜村義康

ストーリー

プロボクサー青島徹は、チャンピオンをかけた試合に、ダウン寸前までゆきながら突然倒れた。マスコミは徹の八百長説をかきたてたが、青島は医者から脳腫瘍のため三カ月しか命がないと宣告された。与えられた短い生命を有意義についやそうと決心した徹は、小児麻痺で不自由な弟をもつ看護婦の美紀から聞いた施設敷金に、自分のファィトマネーを提供しようとした。丁度その頃、徹の母が死んだことを許婚の伊津子が知らせてきた。彼が唯一の親孝行と掛けていた五百万の保険金もあわせて施設費に提供しようとする徹は、係員の長崎が金をもって逃走中と聞きショックを受けたが、被害者の一人望月と長崎を追った。しかし、長崎は国際ヤミ金融組織を襲う計画の一部を握ったことから組織に殺されたことがわかった。金の欲しい徹は組織に挑戦した。恐ろしい組織のワナにかかり殺されそうになったり、謎の男望月に苦しめられた。ある日徹の態度に不審を持った伊津子は上京して、美紀を訪ねた。死が迫って来たことを知りながらも美紀は伊津子に結婚をすすめるのだった。せまり来る死を前に徹は目的のために手段を選ばずと組織の幹部スタンレーの子供を誘拐した。病状を知った伊津子は善人のまま死をむかえさせようと徹にはかくれて子供を親もとに返した。彼らのアジトの船に乗りこんだ徹は組織のボスを見て驚いた。ボスは美紀の病院に多額の寄贈をするジェファーソンであった。二億円の現金をめぐって船上で争った望月と徹だが、徹は突然、激しい発作に襲われた。徹は、望月にこの金を寄附するようにたのみながら息をひきとった。実は警察官であったという望月はその徹の希望はかなえられなかったが、事の真相を知った世間の人々の同情は彼に集り、美紀の病院に続々と寄附が集った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。