日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ギター抱えたひとり旅
ギターカカエタヒトリタビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年12月19日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

瀬木俊郎の原作を「黒いダイスが俺を呼ぶ」の山崎巌が脚色「殺られてたまるか(1964)」の山崎徳次郎が監督した新・ギャンブラー・シリーズ第三作目。撮影もコンビの藤岡粂信。

スタッフ

企画
児井英生
原作
瀬木俊郎
脚色
山崎巌坂田安雄
監督
山崎徳次郎
撮影
藤岡粂信
音楽
大森盛太郎
美術
松井敏行
照明
三尾三郎
録音
沼倉範夫
スチール
浅石靖
編集
辻井正則

ストーリー

氷室浩次は、兄と恋人をイカサマ賭博師辺見のために失い、辺見を追って信州に向った。信州路を下る同じ列車には、氷室を追う木戸刑事も乗っていた。町に着いた氷室は、そこで与太者にからまれているダンプカーの運転手矢代竜造と、同乗していた娘聖子を救けた。矢代の家に招待された氷室は、そこで矢代が町のボス貝原の娘瑞枝と強引に結婚して貝原の怒りを買い、いやがらせを受けていることを知った。また聖子は貝原の友人の娘で、出張の多い父親にかわって貝原が後見人になっていることも知った。翌日氷室は、わずかな借金をカタに商売をくつがえし権利を奪ってゆく貝原組の悪らつなやり方をまのあたりに見た。氷室はそんな貝原組のヤミ馬券を買い大当りすると、そのまま貝原の事務所に乗りこんだ。貝原はそんな氷室の度胸のよさにほれこみ、そのまま客人として、情婦洋子のアパートにとどめた。それから数日、氷室は貝原組が主催する正月の上納トバクに辺見がやってくることを知った。しかしその席には幹部クラスでないと出席できないきまりだ。それからの氷室は、貝原の命令されるままに、むごい借金の取立てや恐喝迄もするようになった。やがてその働きが貝原の眼にとまり氷室は幹部に昇格した。やがて辺見がやってきた。待ち受けた氷室は辺見とダイスで対決し、勝負に勝った。辺見は娘が公会堂で演るバレエを見てから町を出て行くことを誓った。この辺見の娘こそあの聖子であった。当日、聖子のバレエ公演は満員の観衆の前で幕をあけた。が、そのころ氷室と辺見は貝原の策した賭場で再度対決した。今度も氷室は辺見に勝った。一度はそんな氷室に拳銃をつきつけた辺見だが、聖子の将釆を思い、だまってかけつけた木戸刑事に連行されていった。舞台では聖子の踊りが最高潮に達していた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。