日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

勝負は夜つけろ
ショウブハヨルツケロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年11月28日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

生島治郎の原作を「博徒ざむらい」の舟橋和郎が脚色「黒の凶器」の井上昭が監督したアクションもの。撮影は大角正夫。

スタッフ

企画
藤山健彦
原作
生島治郎
脚色
舟橋和郎
監督
井上昭
撮影
大角正夫
音楽
菅野邦彦
美術
西岡善信
照明
美間博
録音
大角正夫
編集
菅沼完二
スチル
三浦康寛

ストーリー

数年前、ヤクザ仲間の縄張り争いにまきこまれ、左足を失った義足の男久須見健三は、今小さなシップ・チャンドラーを経営していた。しかし金づまりから事業はかんばしくなかった。そんなとき専務の稲垣が耳よりな話をもってきた。バーのマダム斐那子が彼女の父親井関宅也を金主として紹介しようというのだ。そして、ある日久須見は、井関と会った。が、意外にも井関は数年前のヤクザ仲間で、久須見はこの井関のために左足を失ったのだった。井関は五百万円を条件に、久須見を密輸団に誘いこもうとした。久須見も背に腹はかえられず、密輸の用心棒になることを承知し、金を借りた。が、その翌日久須見に脅迫の電話がかかった。稲垣の妻千代を誘拐したから身代金五百万円を出せというのだ。久須見は、稲垣と会計主任阿南に金を持たせて約束の場所に向はせた。しかし二人は帰らず、やがて識別もつかぬほどに焼ただれた二人の死体を発見した。そして数日後、死体の一つが稲垣ではなく、井関の部下吉田であることが判明した。折も折、久須見が怪電話にあやつられて、やってきた稲垣家には千代の死体があった。その夜、何かを期待して待伏せた久須見の前に稲垣が現れた。麻薬患者の稲垣は、麻薬欲しさに吉田の誘惑にのり、身代金をまきあげ、さらに同行の阿南、吉田をも殺し、妻千代を脅かして吉田の死体を自分のそれと偽証させたのだった。しかし、久須見はこれが稲垣の単独犯行でないのを直感し稲垣をおよがせた。が翌日稲垣は死体となって発見された。その手には井関の犯行を示す遺書がにぎられていた。久須見は井関の動きを探ろうと、斐那子を訪れた。がその時銃声が起り斐那子がたおれた。裏切を知った井関の犯行だった。パトカーのサイレンを後に、久須見は悄然と港へ帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。