日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Pa-Pa-Pa ザ・ムービー パーマン
パパパザムービーパーマン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2003年03月08日 
製作会社
シンエイ動画=小学館=テレビ朝日制作協力 藤子プロ=ADK) 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
32分  

地球の平和を守るパーマンとその仲間たちの活躍を描く、映画化4度目となる短篇ジュブナイル・アニメーション。監督は「ぼくの生まれた日」の渡辺歩。藤子・F・不二雄による同名コミックを基に、渡辺監督が脚色。撮影監督に「ぼくの生まれた日」の熊谷正弘があたっている。声の出演に「うしろの正面だあれ」の三輪勝恵。尚、本作は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の併映作品として公開された。

スタッフ

原作
藤子・F・不二雄
監督
渡辺歩
脚本
渡辺歩
製作協力
藤子プロADK

ストーリー

宇宙の超人・バードマンによって、パーマン1号に任命された須羽みつ夫。2号、3号、4号と共に日夜地球の平和を守る彼は、最近、パーマンを辞めたいと思うようになっていた。それは、自分がパーマンであることを他人に喋ってはならないし、みんなのために辛い思いをしてみても、みつ夫として誰にも感謝されないから。そんな中、“全日本悪者同盟“と手を組んだ魔土博士が、パーマン・セットを狙って、巨大ロボット怪獣“パパンダー“を出動させた。大暴れするパパンダーに、苦戦を強いられる2号たち。仲間のピンチを知ったみつ夫は…やっぱり助けに行かずにはいられなかった。現場に急行した1号は、みんなと力を合わせ魔土博士らの悪巧みを打ち砕くのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。