日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

自動車泥棒
ジドウシャドロボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年10月04日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Car Thieves  
上映時間
98分  

新人和田嘉訓のオリジナル・シナリオを、和田嘉訓が監督した青春もの。撮影は福沢康道。

スタッフ

製作
森田信馬場和夫
脚本
和田嘉訓
監督
和田嘉訓
撮影
福沢康道
音楽
武満徹
美術
北猛夫
照明
平野清久
録音
斎藤昭
スチール
岩井隆志
編集
池田美千子

ストーリー

神聖ホームの孤児、酋長は今日も、仲間のアントニオ、ワラジ、ゼニガメ、コング、ゴロツキ、コムギらと共に駐車したジャガーから車輪を盗み出した。酋長の夢は、自分達で自動車を粗立てて日本を脱出し、アフリカに渡ることだった。彼等の秘密のアジト防空壕には、これまでの戦利品--自動車の部分品が山積していた。ある日、仲間の一人ハツコが、新宿のスケートリンクで知りあった大学生朝雄にいただかれてしまった。怒った酋長は、朝雄を呼びだして痛めつけた。が、どうやらハツコは朝雄にほれてしまったらしい。始末にこまった酋長は朝雄を捕虜として、防空壕にとじこめた。都合のよいことに、朝雄は自動車の運転免許を持っていたのだ。そんなうちに、神聖ホームは創立十周年記念をむかえた。創立者エスラン大師の前に、一同は整列した。エスラン大師の乗って来たベンツを見て酋長の眼が輝いた。ベンツのエンジンをいただこうというのだ。エスランがホームに入ったすきを見計らって、酋長とその仲間は、エンジンを取りはずして防空壕に持ちこんだ。準備はととのった。が、そんなときになって仲間のゼニガメやアントニオがホームを去っていった。だが、はじめは逃げ腰だった朝雄が、今はやる気になって酋長と協力して、自動車を組みたてた。やがて自動車は完成し、酋長、ワラジ、朝雄を乗せて、ホームをとびだした。横須賀に着いた酋長は、ワラジ、朝雄を残して、一人銀行を襲った。が、襲撃は失敗し、MPに追われた酋長は、防空壕に逃げ帰った。しかしMPの弾丸が車にあたり、酋長は車もろとも爆発し、消えてしまった。やがてかけつけた朝雄の眼前に、幻のようにヨットが近づき、それが酋長の眼に変り、さらに逆立したキリンとなってまた吸いこまれるように海のかなたに消えていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: パートカラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。