日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

海賊船 海の虎
カイゾクセンウミノトラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年08月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

小国英雄の原作を「新・男の絞章 度胸一番」の甲斐久尊と「生きている狼」の井田探が共同で脚色、井田探が監督したアクションもの。撮影は「花と怒涛」の永塚一栄。

スタッフ

企画
児井英生
原作
小国英雄
脚色
甲斐久尊井田探
監督
井田探
撮影
永塚一栄
音楽
山本丈晴
美術
柳生一夫
照明
三尾三郎
録音
中村敏夫
編集
井上親弥
スチル
荻野昇

ストーリー

千里丸は、南シナ海に君臨する海賊船だ。首領千里の虎は“人を殺さず、船を停め、物を奪う”ことを信条として、次々と密輸船を襲った。そんなある日、千里丸は洋上をただようボートから一人の風来坊をひろいあげ、背中の傷から、その名を二の字とつけた。数日後、千里丸は幽霊船を見つけた。そして、やっと見つけ出した船員たらは、口々に千里の虎に襲われたことを告げた。虎には身に覚えのないことだったが、船員たちから、事情を問いただすうち、それが、虎の父親を殺した、海賊ボルネオの鉄の仕業とわかった。鉄がマカオに向ったことを知った虎は、急遽船をマカオに向けた。マカオでは鉄を首領とする海賊一同が乱痴気騒ぎをしていたが虎が来たことを察知した鉄は、殺し屋を雇うと、逃げるように港をたった。虎もすぐ後を追った。千里丸は、再び密輸船を相手に戦闘を開始した。凄じい白兵戦が続き千里丸はそのたびに勝どきをあげた。しかしたび重なる戦闘に多くの犠牲者を出し、さらに台風に巻きこまれ千里丸は解体寸前に追いこまれた。そんなとき、虎が仇と狙うボルネオ丸が現れた。戦力を失った千里丸は窮地にたった。が虎は二の字とともにボルネオ丸に乗りこみ、鉄を追いつめた。だが鉄を射とうとした瞬間、二の字がこれをさえぎつた。いつしか、海上保安隊が船をとりまき、全員逮捕された。裁判が始り、虎は周囲の悪意で、有罪の判決を受けようとしていた。そのとき、保安官山本が証言台にたち、虎が人を殺さない義賊であることを証言し、殺人の罪は晴れた。この山本こそ、まぎれもない二の字の姿だった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。