日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

戦場の野郎ども
センジョウノヤロウドモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年08月30日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

樫原一郎の原作を「色ぼけ欲ぼけ物語」の堀内真直と川辺一外が共同で脚色、堀内真直が監督したアクションもの。撮影は「嘘は底抜け」の加藤正幸。

スタッフ

製作
深沢猛
原作
樫原一郎
脚色
堀内真直川辺一外
監督
堀内真直
撮影
加藤正幸
音楽
山本直純
美術
熊谷正雄
照明
市村政次郎
録音
小尾幸魚
スチール
長谷川宗平
編集
杉原よ志

ストーリー

昭和十九年、北支戦線。王仁分隊に国政軍弾薬庫爆破命令が下された。隊員は王仁軍曹を中心として、元警視庁刑事の滑川兵長、医学博士の樽上等兵、バンドのトランペット吹き猿丸上等兵、反戦思想の持主草刈上等兵、少年院で成長した鮫島上等兵、前科三犯の速水一等兵らいずれも一騎当千のつわものたちだ。そんな彼等をひそかに狙っている部隊があった。国政軍の狙撃兵と、九路軍の一隊だ。ようやく中隊に合流した王仁分隊は、若林中隊長の指揮下に入った。そんなある夜、集落の教会からオルガンの音が流れてきた。弾きては、陳麗華という美しい中国娘だった。隊員たちは、この陳麗華とすぐ親しくなっていった。また慰安所のオヤジ黒川は、国政車の守備隊長揚大尉にも通じ日本軍・九路軍・国政軍の三つを手玉にとっていた。そんなある日、斥候に出た兵隊から国政軍弾薬庫所在図の報告が入った。いよいよ王仁分隊出撃の時がきた。王仁ら七人は国政軍に変装し、弾薬庫に潜伏した。が、隊員はそこで陳麗華を発見した。彼女は国政車の少尉で王仁分隊の動向を探るため集落に潜伏したスパイだったのだ。王仁分隊は見事に弾薬庫を爆破した。一方、若林中隊も九路軍を挟撃し、これを全滅させた。が、この戦いで王仁分隊は部下の鮫島と草刈を失った。王仁分隊は悲しみに沈んだ。が、その悲しみの涙も乾かぬうちに、新しい作戦命令で王仁分隊の五名に転属命令が下った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。