日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人間に賭けるな
ニンゲンニカケルナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1964年08月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
84分  

寺内大吉の原作を「花嫁は十五才」の森川英太郎と「狼の王子」の田村孟が共同でシナリオを執筆、「駈け出し刑事」の前田満洲夫が監督した風俗ドラマ。撮影は「人生劇場(1964)」の間宮義雄。

スタッフ

企画
水の江滝子
原作
寺内大吉
脚本
森川英太郎田村孟
監督
前田満洲夫
撮影
間宮義雄
音楽
伊部晴美
美術
佐谷晃能
照明
安藤真之助
録音
宮永晋
編集
丹治睦夫
スチル
石川久宣

ストーリー

坂崎彰と小松妙子は、大宮競輪場の帰り途で初めて出会った。その時坂崎は、会社の金十五万円と自分の生活費を全部使い果していた。そんな坂崎が競輪で初めて大金を手にしたのは、妙子から教えられた飯田栄治に賭けた日であった。三十万という大金を手にして、妙子を探した坂崎は、競輪場でやくざに囲まれた妙子の姿を見て、強い興味を持った。坂崎は会社へ金を返済すると、二度と競輪に手を出さぬと誓いながらも、妙子のことが気になり、車のナンバーを頼りに、ある喫茶店へ妙子を訪ねた。そこで坂崎が知ったことは、妙子は、やくざの組長松吉の女房で、服役中の、松吉を助けて乾分たちの世話をしているということだった。妙子の妹美代子は、栄治と恋仲であったが、栄治は、情熱的な美代子に惹かれながらも、妙子との肉体関係から抜けることが出来なかった。二人の関係に興味をもった坂崎は、栄治の出る競輪場へと足を運んだ。相い変わらず“栄治が勝つ”とつかれたように言う、妙子に反撥して、坂崎は栄治に賭けた。だが、その予想は、見事にはずれた。美代子から、競輪選手を止めるように言われた栄治が、とまどったのだ。女ながらに、一つのものにうちこんでいる、妙子の姿に、坂崎は魅せられていった。そして二人は、いつまでも栄治に賭け続け、自然に安宿で共に過すようになった。裏切られても、尚賭けることをやめない妙子は、坂崎を振りきって、今日も、大井競輪に来ていた。だが、追いかけた坂崎が見たのは妙子の人間性を失った、賭師の姿であった。妙子には、“とことんまで賭けるんだ”と、いう執念だけが残っていたのだ。だが、今日も車券を買う妙子の前に現われたのは、妙子が警察にサシた、松吉であった。全ての賭けは破れようとしている妙子に出来ることは匕首で、松吉を刺すことであった。松吉の脇腹を刺して、妙子はまだ“栄治が勝つ”と絶叫していた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。