日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

日本脱出
ニホンダッシュツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年07月04日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Escape from Japan  
上映時間
95分  

「嵐を呼ぶ十八人」の吉田喜重がオリジナル・シナリオを執筆、監督したアクションドラマ。撮影は「二十一歳の父」の成島東一郎。

スタッフ

製作
荒木正也
脚本
吉田喜重
監督
吉田喜重
撮影
成島東一郎
音楽
武満徹八木正生
美術
芳野尹孝
照明
田村晃雄
録音
堀義臣
編集
杉原よ志
スチル
堺謙一

ストーリー

竜夫は有名歌手の世話に明け暮れる、バンドボーイだ。彼は狐独と焦燥にかられ、アメリカに歌の修業に行きたいと思った。或る夜、竜夫は麻薬中毒の兄貴分浅川タカシに出会った。タカシはソープランドに勤めるヤスエと元競輪選手の郷田を紹介し、ヤスエの勤めるソープランドの、金庫破りに加わるよう脅迫した。犯行は、午前四時。犯行後の集合場所は、競輪室内練習場だ。部厚い札束が異様に光っていた。分け前をとりに来たヤスエは、三人が逃げる時、郷田の撃った弾が、警官を即死させたと知らせた。事件のばれるのを恐れた郷田は、ヤスエを選手控室に監禁すると、乱暴を働いた。ヤスエの抵抗する声のすさまじさに、竜夫は郷田を射った。タカシは逃げ、竜夫とヤスエだけが残った。とにかく二人は、逃げなければならない。ヤスエは、身体をはって竜夫を逃がそうとした。ヤスエは警察の目を盗んで、客を取った。ヤクザの花田に、ヤスエがソープランドを襲撃した女であると感づかれると、竜夫は、花田を殺した。ヤスエは、GIのオンリーの光子を頼って、基地に逃げた。竜夫に、念願の日本脱出をさせようとしたのだ。だがオリンピックを前にして軍用機は、朝鮮への輸送に全力をかけていた。朝鮮まで行けば、アメリカに行ける。竜夫は、冷蔵庫トラックの中にかくれた。そこには、北朝鮮に脱出するという、李がいた。だが李は、竜夫のいない間に、MPに射殺された。愕然とした竜夫は、またヤスエを連れて逃げたが、途中、ヤスエは、刑事に逮捕された。一人になった竜夫はオリンピックでにぎわう、日本の騒動をしりめに、このチャンスを逃がしては、日本脱出は不可能だと身体を賭けた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。