日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

裸一貫(1964)
ハダカイッカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年07月18日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「島育ち」の八木美津雄と「ばりかん親分」の小林久三が共同でシナリオを執筆「結婚の設計」の八木美津雄が監督したアクションもの。撮影はコンビの平瀬静雄。

スタッフ

製作
小角恒雄
脚本
八木美津雄小林久三
監督
八木美津雄
撮影
平瀬静雄
音楽
鏑木創
美術
平高主計
照明
津吹正
録音
中村寛
スチール
梶本一三
編集
浦岡敬一

ストーリー

日本馬賊を父にもった源九郎は、戦死した父の念願通り、東北の牧場の立派な牧童となって成人した。母なきあと、まったくの孤児であったが、源九郎は、明るい若者であった。だが、かねて思いを寄せていた、牧童頭吾平の養女、エリカが、牧場主の息子俊太郎と、未来を約束していると聞いてから、源九郎は村の後家の加代や、飲み屋の菊代でうさばらしをしていた。ある日、突如俊太郎が帰って来た。病床の父にかわって、事業の建て直しのためであった。しかし、東京の女春江を伴っての帰郷は、エリカにとって心痛であった。俊太郎は、牧場を改築して、大ゴルフ場とスキー場の建設を提案していた。村祭りの夜、俊太郎は春江と結婚した。悲しみのエリカは、その夜、何者かに暴行されると、町を去っていった。その頃から、正体不明の三郎と名乗る男が村に入ってきた。源九郎、吾平、作造の反対も聞かず、いよいよ牧場の改築が始った。そして、金で雇われた三郎は、牧場改築に反対する人々を犠牲にしていった。源九郎は、がまんならず三郎と対決したが、ついに源九郎も牧場を追われ町に出た。町では、エリカが踊り子となって働いていた。働き場所のない源九郎は、町のボス大勝に目をつけられ、港湾労務者の人入れ稼業を手伝った。大勝に利用された源九郎は、港会との対立の中に入り、かってエリカに暴行を加えた三郎らを傷つけた。刑務所送りとなった源九郎に、純真なエリカだけが心の支えであった。刑を終えた源九郎はエリカのために必死で働いた。しかし、三郎だけは執拗に源九郎を追いまわし、「昔のケリをつけよう!」とせまった。が明日をもしれないエリカを思うと源九郎の心は、動かなかった。そして木枯しの吹く頃、エリカは若い命を断った。源九郎は、三郎との決闘を受けて、独り太平原の真只中に立ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。