日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おふくろ(1964)
オフクロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年06月14日 
製作会社
東映教育 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
50分  

「この一本道」の内藤保彦が脚本を執筆「お姉さんの結婚」の酒井修が監督した教育映画。撮影は「妹のぶんも走れ」の福井久彦。

スタッフ

企画
大橋公威
脚本
内藤保彦
監督
酒井修
撮影
福井久彦
音楽
長沢勝俊
美術
池田康彦
照明
田久保圭造
録音
深尾昌司
編集
民野吉太郎
スチル
大沢銀次

ストーリー

山本みきは、夫亡きあと三人の子供を抱えながら、大衆食堂を経営する母親だ。みきの家族は東大進学を目ざす長男輝男、美容院の見習いをしている長女洋子、それに小学校六年生の昇の四人だ。この店の常連は学業と勤労に心身をすりへらすアルバイト学生で、みきは、そんな学生のために、時には味自慢のビーフ・スープを無料サービスしたりしていた。しかしそんなみきの休む間もない働きぶりに輝男や洋子は心をいためるのだった。そんなおりもおり、近所に大資本によるスーパーマーケットが建築されることが決まった。付近の商店は大恐慌をきたし対策に頭をいためた。そんな時マーケットからみきに食堂主任として来てくれという通知がきた。しかし月収は僅か二万五千円みきは申し出をことわらざるを得なかった。がっかりする母親をみて輝男や洋子は、進学や美容院をやめると言い出しみきをこまらした。が、そんなとき店の常連の学生が父の破産を苦にして自殺しようとして、死にきれず、みきのもとに相談に来た。みきはそんな学生を相手に、母親の嘆きと苦しみを切々と説き聞かせるのだった。そのことばは輝男や洋子にも深い感動をあたえ、自分達のふがいなさを知り、明日から母親と力を合わせて再出発することを誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。