日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おかあさんのばか
オカアサンノバカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年06月07日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

新人水川淳三と南豊太郎が共同でシナリオを執筆、水川浮三が監督した人情もの。撮影は「ケチまるだし」の堂脇博。

スタッフ

製作
樋口清
脚本
水川淳三南豊太郎
監督
水川淳三
撮影
堂脇博
音楽
真鍋理一郎
美術
佐藤公信
照明
中田達治
録音
平松時夫
編集
浜村義康
スチル
篠崎友克

ストーリー

古田みゆきは、小学校教員の父と、友達のような、やさしい母の静江、そして兄の洋にかこまれて、幸せな毎日を送っていた。みゆきは、静江が気がつかない間に “大人の世界”に目をむけるようになった。近所の金沢さんの奥さんの出産間近いお腹を見ては疑問に思ったり、自動車会社につとめる井上が、隣りの千恵姉さんを秘に愛しているのも知っている。 みゆきは、学校の成績がいいのでたまには、親友のチビッコの宿題も見る。チビッコは、子供に理解のない家庭に育っている、劣等児なのだ。その頃、みゆきは、初潮をみた。不安におそわれるみゆきに、静江は、やさしく説き聞かせた。真夏のある日、静江は、千恵の母好子にすすめられて、区民水泳大会に、町内代表として出場した。昔、静江は、水泳の選手だったのだ。だが、静江は脳出血で水からあがると昏睡状態となって死亡した。やさしかったおかあさんを亡くしたみゆきと洋は、おかあさんのばかと泣き続けた。長田先生も、井上も、誰でも悲しみをのりこえて生きてゆかなければならないと言って聞かせた。その後井上は、南米の新工場に赴任することとなった。千恵にプロポーズしたがすでに、千恵は婚約しており、井上は寂しく旅立っていった。チビッコも、両親の離婚で、母親にひきとられて東北の片田舎に去った。さびしさのすっかりとれたみゆきは、六年生になって、今日もクラス委員として、主婦がわりとして、たくましく成長していた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。