日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嘘は底抜け
ウソハソコヌケ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年05月13日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「落第生とお嬢さん」でコンビの鈴樹三千夫と渡辺臣蔵が共同でシナリオを執筆「寝言泥棒」の堀内真直が監督した喜劇。撮影もコンビの加藤正幸。

スタッフ

製作
小糸章淳
脚本
鈴樹三千夫渡辺臣蔵
監督
堀内真直
撮影
加藤正幸
音楽
山本直純
美術
岡田要
照明
石渡健蔵
録音
吉田庄太郎
スチール
小尾健彦
編集
池田禅

ストーリー

高級洋裁店のお針子加代子は、自分が仕立てるドレスから果しない夢をふくらませる、としごろの乙女だった。ある日加代子は上得意の元伯爵令嬢和美からたのまれて、替え玉としてパーティーに行った。そこで加代子は富沢貿易の御曹子慎一からダンスを申しこまれた、が実は慎一も替え玉の社長付の運転手吾郎であった。そんな二人は互いに後めたさを感じながらも楽しい一時を過した。そんなこととは知らぬ吾郎は翌日和美にデートを申しこんだ。これを知った加代子は、なんとかその場を切り抜けたが、時がたつにつれ、嘘が嘘を生み、息苦しい毎日が続いた。そんなある日加代子の母たねが上京し、加代子はたねをつれて東京見物に出たが、途中社長の用で車を運転する吾郎に会った。吾郎は車が故障したといつわって社長を途中で下すと加代子とたねを連れて東京を案内した。たねはそんな明るい吾郎がすっかり気にいり、安心して家に帰っていった。その夜加代子は吾郎から愛をうちあけられ、とまどいながらも幸福に酔いしれた。だが、ある日吾郎は慎一をたずねてきた和美から、加代子の素性を知り、怒った吾郎は別れる決心をして加代子を呼び出した。しかし何も知らない加代子の幼い嘘にはじめの決心はにぶり、また互いに嘘をかさねるのだった。しかしある日、加代子は和美の替玉として社長の別荘を訪れ、そこで加代子はことのすべてを知った。それから数日、吾郎との想い出の場所にやって来た加代子はそこで、同じ想いの吾郎に会い、二人は互いに真実の姿を打ち明け、明日への希望に胸をおどらせるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。