日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年07月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

噂の風来坊
ウワサノフウライボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年04月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

樫原一郎の原作を、「眠狂四郎殺法帖」の星川清司と石森史郎が共同で脚色、「遊侠無頼」の野口晴康が監督したアクションドラマ。撮影は「丘は花ざかり(1963)」の柿田勇。

スタッフ

企画
林本博佳
原作
樫原一郎
脚色
星川清司石森史郎
監督
野口晴康
撮影
柿田勇
音楽
河辺公一
美術
佐谷晃能
照明
熊谷秀夫
録音
太田六敏
スチール
寺本正一
編集
井上親弥

ストーリー

密輸ルートの暗黒街立川に、檳は大関組の用心棒としてやって来た。目的はライバル幡ケ谷組の幹部を殺害することにあった。数日後檳は予定通り殺したが、猿丸一家の密告により警察の大捜索を受けた。その夜猿丸は密輸ルートを握る喜屋武に取引を申しこんでいた。そこへ暴れこんだ檳は松村という鋭い眼光の男に会ったそれから数日後、ふとした偶然から、檳は警察に連行された。署を出た檳は喜屋武の用心棒に雇われた。そこで檳はクロークの女、ヒロミにいつしか魅かれていた。ヒロミは清楚な美しさをもっていた一方警視庁は国際的密輸王白王虎の暗号を受信した。ヴァイオレットで大きな取引のあった日、檳は不審な男松村の正体を暴露した。彼は持っていたかくしカメラから刑事とみ破られたのだ。檳がクラブ“ヴァイオレット”に帰って来ると、警官の手入れにあい、檳ら一味はボートで海に逃れた。そのボートにヒロミも同乗していた。ヒロミは白王虎の一人娘だったのだ。警官が舟に乗船した時、檳は刑事連と握手を交わした。驚くヒロミを後に檳は潜行刑事の大任を果し、暗闇の中に消えていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。