日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

浅草の灯 踊子物語
アサクサノヒオドリコモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年03月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

浜本浩の原作を「アカシアの雨がやむとき」の棚田吾郎が脚色「成熟する季節」の斎藤武市が監督した青春もの。撮影もコンビの横山実。

スタッフ

企画
芦田正蔵
原作
浜本浩
脚色
棚田吾郎
監督
斎藤武市
撮影
横山実
音楽
小杉太一郎
美術
坂口武玄
照明
河野愛三
録音
高橋三郎
編集
近藤光雄
スチル
式田高一

ストーリー

関東大震災前の浅草日本座、画家志望の神田長次郎ことポカ長もオペラの定連だった。小杉麗子はバア「トスキナ」のマダム紅子にスカウトされた踊り子だ。人気スター山上七郎は、教師の佐々木を敬愛する血の気の多い青年、「芸術は大衆のもの」という師のモットウに情熱を寄せている。麗子の面倒をみて、何にくれと世話をするのも山上だった。「浅草の客は一生懸命やる者は必ず認めてくれる」麗子は山上のこの言葉を信じて練習に励んだ。一年後、舞台で歌い踊る麗子に、通称ペラゴロとよばれる定連から声がかかった。ポカ長も麗子の大ファンの一人だった。スケッチブックには麗子の姿が描かれていった。そんな中で佐々木は、芸術上のいざこざと悪辣な人間関係から新しい劇団を作るため脱退した。落胆する山上だが、劇団内も麗子にからむ醜い争いが続き、山上もポカ長も清純な麗子を正当なオペラ歌手に育てるよう奔走するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。