日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女嫌い
オンナギライ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年03月01日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

柳井隆雄と赤穂春雄の共同原作を、「花の咲く家」の柳井隆雄、石田守良、今井金次郎が共同で脚色、「月夜の渡り鳥」の市村泰一が監督した風俗喜劇。撮影は「踊りたい夜」の小杉正雄。

スタッフ

製作
城戸四郎島津清
原作
柳井隆雄赤穂春雄
脚色
柳井隆雄石田守良今井金次郎
監督
市村泰一
撮影
小杉正雄
音楽
小川寛興
美術
平高主計
照明
青木好文
録音
鈴木正男
スチール
梶本一三
編集
大沢しづ

ストーリー

製鋼会社の専務原と、料亭経営に失敗して今は無職の大口は、昔からの親友だ。原には、浅間山の地震測候所に勤める堅物の信一という息子がいるが、母親正子のすすめも効なく、女性には興味がもてない。が、大口の娘自動車セールスマンの則子は幼馴染の信一を愛していた。三十何年間堅物で通した原は、ふと浮気の虫を起した。そこえ以前会社の庶務課に勤め、今は新宿のバーへ勤める渡辺ルミに会った。京都出張に同伴した彼は、思いがけず京都でルミのヒモと称するパラシュートの健に脅かされ、あわてた原は大口や長女啓子の夫前川の助けを借りてきりぬけたが、前川の下宿を訪れたルミのために、啓子が実家へ泣いて帰ったことから、正子に事件の全てを知られてしまった。大口は私に責任ありといったものの、正子に対して信用まるつぶれ、則子の気持を知ってるだけに人のいい大口もまいった。今度は大口にすがりつかれた原は、ついに正子の前に手をついてすべてを告白した。驚いた正子だが、夫のようすをみていると憎む気持になれず夫を許した。そして、信一も則子と幸せな恋愛に入っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。