日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

寝言泥棒
ネゴトドロボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年02月16日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

赤穂春雄の原作を、椎名利夫と「落第生とお嬢さん」の渡辺臣蔵が共同で脚色、「ばりかん親分」の堀内真直が監督した喜劇、撮影もコンビの加藤正幸。

スタッフ

製作
城戸四郎杉崎重美
原作
赤穂春雄
脚色
椎名利夫渡辺臣蔵
監督
堀内真直
撮影
加藤正幸
音楽
いずみたく
美術
熊谷正雄
照明
市村政次郎
録音
小尾幸魚
スチール
長谷川宗平
編集
杉原よ志

ストーリー

春日道夫は毎朝新聞の若い記者。ある企画の取材で知りあった、美人エアー・ホステスの沢村真知子と、見事、結婚にゴールイン。春日の同僚達は、あんな奴に、真知子さんのような才媛で美人で金持の娘が来たのは彼女に何か重大な欠陥があるからだろうと噂しあった。真知子の誕生日を祝う為と称して新婚家庭を訪れた友人達は、そこで意外にも真知子のお色気あふれる寝言を盗み聞きした。普段、どちらかと言えば男まさりで喧嘩も華々しくやるといった茶目っ気のある花嫁だ。道夫と大喧嘩しているある夜、折しもあたりを俳徊する泥棒が、新婚家庭に潜入し、盗みも忘れて二人の喧嘩の仲裁を買って出た。「あまり御亭主の尻をひっぱたくと浮気の原因になる」いきな泥棒の言葉に、いままでのやさしさのなかった自分を恥じた真知子は、道夫に励まされながら新しい生活を創っていこうと誓った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。