日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

駈け出し刑事
カケダシケイジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年01月25日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

藤原審爾の原作を「太陽への脱出」の山田信夫が脚色、「殺人者を追え」の前田満洲夫が監督したドラマ。撮影は「探偵事務所23 銭と女に弱い男」の藤岡粂信。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
藤原審爾
脚色
山田信夫
監督
前田満洲夫
撮影
藤岡粂信
音楽
伊部晴美
美術
佐谷晃能
照明
大西美津男
録音
太田六敏
スチール
寺本正一
編集
井上親弥

ストーリー

新田正介は駈け出し刑事だ。毎日お茶汲みや、坂崎刑事について歩く単調な生活だった。その中で唯一の楽しみは花屋の店員綾子に会う事だ。病身の母を持って貧しい生活を助けている彼女には庶民の健康な生活が息づいていた。ある日高利貸しの権堂が殺された。兇器はブロンズ像とみられ、その指紋は重要証拠となった。新田は本庁の宗田刑事について被害者のメモを洗う事になった。相当あくどい事をやっていたらしい権堂だが、キメ手はつかめなかった。そんなある日、綾子とデイトした新田は綾子から突如権堂殺しの容疑者を目撃したと聞いた。いろめきたった捜査陣は綾子が選び出した三人の男の追求を始めた。が三人の男は直接犯行とは関係がなく山形直次郎と呼ばれる男が指名手配となった。張り切って新宿駅にはりこんだ新田の前に直次郎は横浜で捕ったという報が入った。つくづく刑事生活がいやになった新田は、坂崎に「駈け出し時代は誰も同じさ」と慰められた。一方直次郎はブロンズの指紋と一致はするものの犯行は強く否認していた。その直次郎は「俺の前にスケと野郎がいた」と告げている。新田は、綾子から捜査の進行状態をひつこく聞かれふと疑問をもった。彼女の弟の敏夫だ。暗い影のある敏夫、連行された敏夫は「家賃を払いに行った綾子が権堂に犯されそうになったのでやった」と意外な告白をした。先輩の後について怒り、悲しみ、悩んだ駈け出し刑事最初の事件はこうして意外な結末をもって閉じた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。