日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

落第生とお嬢さん
ラクダイセイトオジョウサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年02月01日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

椎名利夫、渡辺臣蔵の原作を、「サラリーマン手帖 夢を失わず」の渡辺臣蔵と鈴樹三千夫が共同で脚色、「ニッポン珍商売」の酒井欣也が監督した青春もの。撮影もコンビの小原治夫。

スタッフ

製作
城戸四郎
原作
椎名利夫渡辺臣蔵
脚色
渡辺臣蔵鈴樹三千夫
監督
酒井欣也
撮影
小原治夫
音楽
神津善行
美術
芳野尹孝
照明
中田達治
録音
堀義臣
編集
北見精一
スチル
堺謙一

ストーリー

松井、田村、金山は、音楽大学の仲良し三羽烏。正義に強いがお金がないという連中である。そこで始めたのが探偵事務所のアルバイト。或る日太平洋厚生事業団理事長の女秘書玉川マリから依頼があった。「太平洋厚生事業団」で非行青年センターをつくる計画があるが、それは営利本位の観光事業だというのだ。その仮面をはがしてくれるようにと五万円渡された三人、正義のみせどころと、早速社長の島村邸を訪れたが島村の老獪な口にまるめられたうえ娘の晴美に一目惚れする始末。以来毎夜のように、松井の家には事件から手をひくようにと脅迫電話がかかるがそれにもめげず調査を進めた結果、島村が娘と某省の役人の息子とを見合いさせている現場を目撃した。その写真を松井から受取った秘書のマリは、それを島村に示したが、彼は頑として自分の正道を誇示した。そんなある日、田村と松井は突如大型トラックに襲われた。敢然と戦った田村はそれが意外にも大木理事長の仕業と知り驚いた。マリも信じないこの事件は、島村失脚を狙って大木が仕組んだ晴美誘拐事件で確定的となった。自分のしていた事に恥じるマリ。三羽烏の励ましでようやく明るくなったマリと四人は晴美の誘拐されている小屋へと向った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。