日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

激しい女たち
ハゲシイオンナタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1963年10月01日 
製作会社
国映 
配給会社
 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
77分  


スタッフ

製作
矢元照雄
脚本
峰三千雄
監督
若松孝二
撮影
秋山海蔵
音楽
柳沢剛
照明
磯貝一
編集
宮田二三夫

ストーリー

非行少女のグループ・マユミは彼女達のリーダーだ。彼女の恋人の進一は母の葉子とも関係し、そんなふしだらな中で育ったマユミはいつかズべ公となった。ある日マユミは勤務先の部長にだまされて妊娠した女篠原明美を仲間の次郎のアパートにつれて来た。わずかな手切れ金で泣く、明美の姿をみてマユミは会社を訪れ、部長から三十万円をゆすりとった。「お前なんか産婦人科の治療台で足をおっぴろげる女の気持なんかこれっぽちも分かりやしないだろ!」タンカを切るマユミの眼に涙が光っていた。次郎のアパートに帰って来たマユミは、明美と次郎の情欲の様をみて激怒した。凄惨なリンチをうける明美。しかしマユミもいつかみごもっていた。「誰なのさ!相手は、堕すのならいいとこ教えてやるよ!」「生んでやるんだ。生んであいつに見せてやる!」と狂ったように笑った。とその時、葉子と結婚するとせせら笑う進一が入って来た。仲間にはやされる進一、その進一をめがけて、明美の手にアイスピックが、鮮血をあびて倒れる進一。明美は進一の子供をみごもっていたのだ。ほう然と見守る仲間の中を手錠をかけられた明美が連行された。ホットジャズがその姿を追っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。