日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

われらサラリーマン
ワレラサラリーマン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年11月24日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「喜劇 駅前茶釜」の長瀬喜伴がオリジナル・シナリオを執筆、「地方記者」の丸山誠治が監督したサラリーマンもの。撮影は、「クレージー作戦 先手必勝」の玉井正夫。

スタッフ

製作
安達英三郎寺本忠弘
脚本
長瀬喜伴
監督
丸山誠治
撮影
玉井正夫
音楽
林光
美術
近藤司
照明
小西康夫
録音
中川浩一
スチル
土屋次郎
編集
庵原周一

ストーリー

大阪の天満宮付近にある老舗のとうふ屋「いなりとうふ」の主人清造夫婦には三男二女の子供がいる。長男の栄一郎と次男の弘二は独立してサラリーマン生活に入り、老夫婦と暮しているのは長女でBGの敦子と、大学生の省三、高校生の真佐子の三人である。西宝電機の販売課に勤める栄一郎は、元橋常務から目をかけられ、次期販売課長の椅子を約束されているが、停年近い小心な石川課長は栄一郎の存在が面白くなかった。しかも、弘二と元橋常務の息子京一とは学友であり、京一は敦子に思慕を寄せていた。がこの事情が“自分の妹を使って立身出世を計る男”と悪評をたてられる有様だった。折も折、販売不振を打開するため、打開対策案を検討したが、栄一郎のスーパーマーケットの特徴を生かした月賦販売の利用は、その席上で石川課長に一笑にふされた。しかし元橋常務に方針を問いつめられた石川は、栄一郎の案を自分の案出したものの如く話し、認められて停年後も嘱託として残留することになった。これを知った栄一郎は、安易なサラリーマンの生活と要領主義に失望し、家業をつぐことを決心した。一方弟の弘二は地道なサラリーマン生活を続け、やがてパパになろうとしていた栄一郎の話を聞いた時義姉の気持を察したのはこの夫婦であった。又敦子も身分違いの結婚と反対をうけ悩んでいた。やがて栄一郎はとうふ作りに専念した。勘に頼らず計算ずくの合理主義は時をかけずして立派なとうふを完成させた。そして栄一郎は、財産を拡張資金にして、兄弟を株主にして会社組織にする事を思いつき、独立サラリーマンへの道を進んだ。敦子も京一の懇顔で結婚にふみきり、小室一家は明るさをとり戻してハリキッていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。