日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やくざの歌
ヤクザノウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年09月08日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

池田雄一がオリジナルシナリオを執筆、若林幹が監督した歌謡ドラマ。撮影は「カメラ・トップ屋 お嬢さんが狙ってる お色気無手勝流」の高梨昇。

スタッフ

企画
猪又永一
脚本
池田雄一
監督
若林幹
撮影
高梨昇
音楽
船村徹
美術
北川弘
照明
銀屋謙蔵
録音
鳥巣隆
スチール
藤井善男
編集
長沢嘉樹

ストーリー

新田俊次は、早瀬組の幹部であった。或る日、組に神戸から客人が来た。神戸の大ボス双葉組社長の息子真だ。横柄無礼な態度に怒った新田に早瀬組社長は、「大切な客人だ言うことを聞け」と叱りつけた。双葉組との取引を成功させるためには、真は大切な客人なのだ。腹立たしい気持を押え切れぬまま、街に出た俊次はチンピラに金を強奪されかかった女子学生紀子を救った。紀子は両親に別れ、俊次のシマで流して歩く兄北見三郎をたよって来たところであった。或る夜、易者にからむ真に刃向った三郎は、俊次にかつがれてアパートに帰った。紀子に再会した俊次はますます惹かれていった。が三郎はヤクザである故に心よく思わなかった。盛り場のショ場代を狩り集めた歩合いをもらった俊次は紀子を誘った。だが紀子は大金をつかい、喧嘩はみさかいなくやるヤクザは嫌いだといった事から、今は愛している紀子の心も知らず俊次は別れるのだった。その頃、真が早瀬組のシマで刺殺事件を起した。運悪く側を通り過ぎた三郎が、早瀬組の計略で警察送りとなった。三郎は条件として、妹の愛人の俊次に足を洗わしてくれるよう頼んだ。それを聞いた俊次は三郎の心は嬉しいが、真犯人を追求しなければと思う心は積った。真の犯行の証拠を握った俊次は「こんな汚ねえ組から足を洗いたい」といきりたった。俊次に救われた三郎は、警察に真実を告げた。クラブ「ブルーファイア」では俊次が制裁を受けているのだ。双葉は早瀬とかけつけた警官に逮捕された。新しく生きようと決心する俊次の顔は明るかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。