日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男の嵐
オトコノアラシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年08月28日 
製作会社
日米映画KK 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「銀座の次郎長」の松浦健郎が原作、脚本を執筆、中川信夫が監督した任侠もの。撮影は宮西四郎。

スタッフ

製作
望月利雄
原作
松浦健郎
脚色
松浦健郎
監督
中川信夫
撮影
宮西四郎
音楽
小沢秀夫
美術
中野忠仁
照明
傍士議雄
録音
中野倫治
スチル
大町敏雄

ストーリー

大正の末。烏山の町。渡世人稼業の万力一家に浜千鳥一家が殴り込みをかけた。老親分仁作を斬った男は無宿の渡世人、人呼んで乱菊の松次郎だった。それから三年。北海道の或る飯場に坑夫として働く松次郎に酒保で女中をしているお時は想いを寄せていた。悪徳飯場監鬼熊に彼女は手ごめにされそうになる。その窮地をピストルの剣次が救った。剣次とは、元万力一家の乾分亀助の弟で、卑劣な万力助五郎は、乾分の亀助を自ら殺しておきながら、これを敵の浜千鳥一家の梅吉に罪を被せ、この炭坑に潜んでいることをいい兄の仇として梅吉を狙わせるべくここに差し向けたのだった。折も折、タコ部屋の辛さに、飛びっちょ(脱走)を企てた梅吉は鬼熊達に捕えられ、拷問された。この事件がもとで坑夫達は蹶起、暴動は遂に監督部屋を人間諸共、ダイナマイトで吹っとばしてしまった。ある温泉郷でお時と青吉を伴って松次郎は重傷の梅吉を静養させていた。ここで松次郎が恩義で加担した万力一家の悪埓ぶりを聞かされ、しかもその後病床の仁作、娘の月江、道子の三人暮しで梅吉の惚れている月江に助五郎が通いつめている……松五郎を覚えていない梅吉はそんなことを松次郎に聞かせた。--かくて再び烏山に梅吉と名乗って乗り込む松次郎。お時と共に松次郎達の後を追って来た梅吉は万力一家に捕えられ、これも舞い戻ったピス剣に、助五郎達は松次郎を梅吉だと偽って狙わせようとする。然し、決闘の場所で悪のカラクリを知り、ピス剣も松次郎と力を合わせて万力一家にあたった。松次郎はお時の手を振り切って青吉を連れて去った……。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。