日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

示談屋
ジダンヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年10月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

「視界ゼロの脱出」の安藤日出男が原作・脚色、「銀座の次郎長」の井田探が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの萩原泉。

スタッフ

企画
久保圭之介
原作
安藤日出男
脚色
安藤日出男
監督
井田探
撮影
萩原泉
音楽
山本丈晴
美術
柳生一夫
照明
大西美津男
録音
高橋三郎
スチル
坂東正男
編集
井上親弥

ストーリー

笠原源吉は交通事故専門の悪質示談屋で、女房のはつはこんな源吉を嫌って逃げだし、息子の茂と一緒に暮らしている。茂は全日交通の事故係だが、この仕事が嫌でたまらない。が、知り合ったモデル、住友マリは全日交通のトラックがハネた被害者だが、マリの顔半分には生々しい傷痕が残り、茂は激しい同情と責任を感じていた。そんな事から、茂は父親の職業を嫌い、止めてくれるよう何度も頼むのだったが、源吉はてんでうけつけず、今日も、追突現場に飛んで行くのだった。だが、そこには源吉のライバル宍倉が来ていた。すでに、宍倉は加害者のトラック運転手井上から委任状を取っていて、意気揚々としていた。しかし、源吉も負けてはいない。被害者河合の入っている佃病院の事務長大沢を抱きこみ、宍倉を病院から追い返してしまった。一方、茂は何度もマリと会っている中、マリを愛するようになった。それを知った源吉は、畑病院の看護婦和江をよんで茂の部屋に寝泊りさせるようにした。ドライな和江の誘惑も茂にはてんで効果がない。そんなある日、マリが死んだ。頭の骨にヒビが入っていたのだという。呆然自失の茂は、和江の誘惑にのってしまった。しかし、その和江も大沢の世話になって歌手になるのだと言い出し茂から去ってしまった。失意の茂は、全日交通のトラックにはねられて死んだ。慌てた源吉が会社に掛けあうが、てんで相手にされない。ガックリ帰途につく源吉の耳に救急車のサイレンが飛びこんできた。「茂、待っとりや、葬式代を稼ぐさかいにな……」いきいきした源吉は事故現場に飛んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。