日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

探偵事務所23 銭と女に弱い男
タンテイジムショニジュウサンゼニトオンナニヨワイオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年07月07日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

週刊新潮所載・大藪春彦原作を浅野辰雄と中山耕人が共同で脚色、柳瀬観第一回監督のアクションもの。撮影は「若旦那日本晴れ」の藤岡条信。

スタッフ

企画
芦田正蔵
原作
大藪春彦
脚色
浅野辰雄山中耕人
監督
柳瀬観
撮影
藤岡粂信
音楽
池田正義
美術
小池一美
照明
高橋勇
録音
福島信雅
スチル
荻野昇
編集
辻井正則

ストーリー

探偵事務所23の所長田島は、沖縄ルートで密輸入した銃を安く売り捌いている宮城鉄砲店を探り、劉らを黒幕とする秘密組織の動向をキャッチした。正体がバレて危うく殺されそうになったが、田島は拳銃の腕を買われて宮城のボディガードを勤めることになり、そんな田島を宮城の情婦万里が追いまわした。田島の秘書千秋は一味の店に潜入し、劉や幹部の内田の動きを調べていた。一方、熊谷警部は彼らの背後組織が総勢五万名からなる香港の秘密結社十四Jではないかとにらんでいた。田島は万里の夫が内田であり、宮城が以外に親切なことを知った。ある夜、田島は万里と一夜を明かし、組織の秘密を聞き出したが、十四Jのことを口にした途端、彼女は消音銃で殺された。田島は宮城から意外な事実を聞いた。十四Jを育てたのは国民政府軍の参謀だった宮城で、十四Jの方針に反対したかどで危うく死刑にされるところを、日本で働くということで助かった内田は宮城の監視員で万里はその手先だった。田島は劉一味を海岸に追いつめ激しい海上追撃戦のあと、ついに内田や劉を射倒した。田島の説得で宮城は警察に自首したが重要ポイントに来たところで、十四Jによって狙撃され最後を遂げた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。