日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

午前零時の出獄(1963)
ゴゼンレイジノシュツゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年06月16日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

島田一男原作を「歌う暴れん坊」の小川英と「俺に賭けた奴ら」の中野顕彰が共同で脚色、「波止場の賭博師」の山崎徳次郎が監督したアクションもの。撮影はコンビの萩原憲治。

スタッフ

企画
林本博佳
原作
島田一男
脚色
小川英中野顕彰
監督
山崎徳次郎
撮影
萩原憲治
音楽
大森盛太郎
美術
木村威夫
照明
森年男
録音
高橋三郎
編集
丹治睦夫
スチル
石川久宣

ストーリー

刑務所で懲役囚が狙撃された。射たれたのは芝山というヤクザ。彼は二年前ケンカで兄貴分を殺したのだ。だが不審なのは、刑期が切れたのに芝山はなぜか出所をためらっていたことだ。彼は誰かを怖れていたらしい。この事件を日東タイムズの記者片桐は追った。彼は日東新聞が安全を保障するからと芝山を説き、午前零時に芝山の出所を決行した。その時高春組の小島が拳銃を持って現われたが、片桐達はうまく逃れた。芝山はその途中恋人である小島の妹雪江の所によったが、すがりつく彼女に俺のことは忘れろといった。片桐は芝山を自分のアパートにかくまい、翌日から出かけていく芝山を尾行した。芝山は高春組に近よったが途中で小島の惨殺死体を発見した。これを見た片桐は持ダネにしようと芝山に小島殺しは誰の仕事だとつめよった。芝山は片桐の本心を知り逃走、その結果、警察では彼を小島殺しの犯人と断定した。ある日雪江から呼び出された片桐は小島が死の直前、かつて彼の情婦だったナミを探がせといったと聞かされた。一方、逃げまわっている芝山はボス高春が、汚職事件にも二年前の殺人事件にも関係があるのを知っていてこれをネタにユスっていた。このため高春は芝山を殺そうとしたので怒った芝山は片桐に高春の汚職事件を知らせ、高春を殺すと告げた。すぐさま片桐は警察に連絡し、せっかくの特ダネを犠牲にし小島殺しについて芝山の無実を証明した。さらに彼は苦心の末ナミを発見、彼女から二年前の殺しは芝山でなく、真犯人は高春だと聞き出した。芝山は高春組事務所に忍び入り高春を屋上へ追いつめ銃口を向けた。そこへ片桐がかけつけ必死の力で芝山をくいとめた高春は逮捕、事件は落着した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。