日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

対決(1963)
タイケツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年05月29日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

南条範夫原作“無明逆流れ”を「伝七捕物帖 女狐小判」の柳川真一が脚色、「雲右衛門とその妻」の安田公義が監督した異色時代劇。撮影は「抜打ち鴉」の本田平三。

スタッフ

企画
辻久一
原作
南条範夫
脚色
柳川真一
監督
安田公義
撮影
本田平三
音楽
渡辺宙明
美術
加藤茂
照明
島崎一二
録音
長岡栄
編集
西田重雄
スチル
松浦康雄

ストーリー

寛永の頃、東海随一を誇る岩本道場に双竜と謳われる伊良子清玄と藤木源之助があった。岩本虎眼の娘、三重の気高い美しさは二人にとって近寄り難く見えた。虐げられた虎眼の妾いくを労ったことから、清玄といくは関係を持った。残忍な虎眼がそれを見逃すはずはなく、三重の婿選びと奥儀伝授の前提と称して清玄と源之助の試合を命じた。烈魄の源之助にひきかえ清玄には苦悩の色濃く、勝負は簡単に決った。虎眼が罵声と共に真剣を振り上げ、三重といくが止めた瞬間、流れ星の剣が走った。倒れた清玄の両眼は斬り裂かれていた。道場を追われた清玄といくが木曽山中に篭って一年余がすぎた。その間恥辱を雪ぐ一念で剣に打込んだ清玄は、再び岩本道場を訪れ勝負を乞うた。一見盲が杖をついているかのようだが、妖しく殺気をおびた清玄の無明逆流れ剣法は、流れ星の秘剣より一瞬早く虎眼の顎から脳天に斬り裂いた。その夜、激しい雨の中で源之助ら門弟を迎え、清玄は源之助の左腕を落した。悲願を叶えた清玄といくは旅に出、二人を仇と思う源之助、三重もあとを追った。ある日、疾駆する奔馬を仆した清玄は、その様子を目撃した駿河藩の家老三枝の知遇を得、食客としての日々を送ることになった。ところが、馬の主が掛川藩主であったことから清玄の引渡しを求めて来、両藩の間は険悪になってきた。こんな噂が源之助たちの耳に入らぬ訳はなく、掛川藩も清玄、源之助の関係を知って源之助を召抱え、試合を挑んできた。その日、両藩の確執そのまま大勢の藩士たち、群衆の前に展開された盲目と隻腕の剣士の決闘は妖しい鬼気と凄惨さにみちたものだった。清玄は源之助に仆され、快哉を叫ぶべき三重は自らの胸を差し果てた。後日、清玄の子を宿していたいくは木曽へひとり旅立っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。