日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

温泉あんま
オンセンアンマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年05月15日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Masseuse vs. Geisha  
上映時間
73分  

「温泉芸者」につぐ温泉シリーズの第二作。「温泉芸者」の下飯坂菊馬と「あした逢う人」の桜井康裕と小滝光郎が共同で脚本を執筆、「瘋癲老人日記」の木村恵吾が監督した風俗喜劇。撮影は「背広の忍者」の石田博。

スタッフ

企画
藤井浩明
原案
斎藤米二郎
脚色
下飯坂菊馬小滝光郎桜井康裕
監督
木村恵吾
撮影
石田博
音楽
小川寛興
美術
間野重雄
照明
柴田恒吉
録音
須田武雄
スチル
板垣公章

ストーリー

平和な温泉郷修徳寺は美人あんまと温泉芸者の人気で二分され、数百軒に及ぶ旅館もそのいずれかに属して対立する始末である。楽々苑を根城とするあんま派の人気NO1桐子は、美人ムードあんまをキャッチフレーズに特殊技巧を施しては殿方を悩殺し、せっせと稼ぎまくっている。一方の旗頭、パラダイスホテルを稼ぎ場にする温泉芸者派の〆奴は、お座敷着の下には水着を秘めて浴場まで進出し、女三ン助もやってのけるサービスが売りものときている。この二人は全くの犬猿の仲で、派手なお客争奪戦を演じている。時も時、パラジリアンのオリンピック選手団が大挙保養と観光を兼ねて、この修徳寺に来るという情報に誘致運動の火ぶたが切られたのである。桐子は黒一点の睦五郎も含めて芸者側を圧倒しようと意気ごみ、〆奴一派もお色気サービスの秘術を研究する。突然前ぶれもなくパラダイスホテルに投宿したハンサムな男は、パラジリアン国大使館派遣調査員の柴田であった。時を同じくして楽々苑に泊った中年男は、柴田と同行の調査員栗山であった。ここに至って両派のお色気サービスは凄絶を極め珍技、秘術をつくしての悩殺戦を展開するのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。