日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

腰抜けガン・ファイター
コシヌケガンファイター

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年04月24日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「悪名高き ろくでなし」の若井基成と林弘明が共同で脚本を執筆、「さすらいのトランペット」の野口博志が監督した青春喜劇。撮影は「ポンコツおやじ」の山崎安一郎。

スタッフ

企画
久保圭之介
脚本
若井基成林弘明
監督
野口博志
撮影
山崎安一郎
音楽
河辺公一
美術
千葉和彦
照明
三尾三郎
録音
太田六敏
スチル
石川久宣
編集
井上親弥

ストーリー

「平和ランドリー」の新米店員庄吉は真面目でお人好し、先輩の平助、又作に利用されいつも貧乏クジを引いている。この店のキカンボウ息子正夫のお相手から、食卓の給仕役、忙しい日課が待っている。ある日商売一途の主人は最近の不景気に頭を痛め、三人におふれを出した。この一週間で一番よい成績をあげたものに娘のユリをくれてやる、と。翌日からの涙ぐましい御用聞き合戦、雑用に追われいつも後手を踏む庄吉の成績は下るばかり。その上結託した二人にお得意先を奪われる始末にユリも堪りかねて平助、又作をたしなめるが、気の弱い庄吉には勝ち目がない。いつものように町を一廻りしてきて洗濯篭を開けてビックリ仰天、中から一丁の拳銃がころがり出たのだ。街の愚連隊吉川産業の拳銃が偶然まぎれこんだのだが、警察に届けてもゴミ箱や川へ投げこんでも、奇怪なことに拳銃は逆戻りする。庄吉が観念して拳銃を胸ポケットに収めると、不思議な勇気がわいてきた。次の日から庄吉の性格は、一転して積極的になり御用聞きもグンと能率が上った。この変化が物騒なお守りによるものと悟ったユリは、庄吉の入浴中にオモチャの拳銃にすりかえてやった。一方、今やおち目の吉川産業の連中は生活に困り果て営利誘拐を試みるに至った。「平和ランドリー」の正夫もさらわれ、身代金を要求されてんやわんやの大騒ぎとなった。平吉、又作の救助隊が出発したが簡単にノックダウン。止めるユリを振り切って拳銃片手に単身乗り込んだ庄吉は、ボス共に拳銃を突きつけた。と突然天井裏で風船が爆発、幸運なネズミのいたずらで見事五人組をひっとらえ、子供達を助け出した。我が子を救われた喜びの主婦から庄吉あてに続々と洗濯物が届けられ、彼の成績は一躍トップにのし上った。ユリの争奪戦にもケリがつき、庄吉とユリは待望の結婚を許された。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。