日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺の背中に陽が当る
オレノセナカニヒガアタル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年04月07日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

渋谷健の原作を佐原靖郎と中平康が共同で脚色、「泥だらけの純情(1963)」の中平康が監督した青春ドラマ。撮影は「非行少女」の高村倉太郎。

スタッフ

企画
水の江滝子
原作
渋谷健
脚色
佐原靖郎中平康
監督
中平康
撮影
高村倉太郎
音楽
伊部晴美
美術
大鶴泰弘
照明
森年男
録音
片桐登司美
スチル
式田高一
編集
丹治睦夫

ストーリー

健三、滋の兄弟はビルの窓を磨くガラス拭きである。健三はかつてはやくざの世界でならした男であったが、いまは一粒種の康夫を中心に明かるい家庭を築いていた。ある日、ビルの置時計が盗まれ前歴を調べられた健三はクビになった。折も折、もといた山田組から小谷の使いというチンピラの透が来て、帳簿をみて貰いたいという。小谷は現組長山田を抹殺しボスの座に直る企みであったが、稼ぎのなくなった健三には札束が魅力だった。彼等の巣窟の地下室で健三は脱税のための帳簿をつくってやり、その後チャイニーズモーゼルの射ち方を教えてくれと頼まれ、標的の麻袋を鮮やかな早射ちでぶち抜いた。その夜健三の部屋には久しぶりに明かるい笑いがもれ、滋は恋人の朝子と仲の良いところを見せてひやかされていた。その頃、山田のアパートの前に蜂の巣となった山田の死体がおかれ傍にはチャイニーズモーゼルが落ちていた。康夫にせがまれて出かけた映画館の前で健三は逮捕された。だが、突然チンピラの透が組長の仇と躍り込み、健三は背後からナイフで突かれた。駈け寄った滋に健三は「俺じゃない」といって息を引きとった。警察への陳情、透との対決もすべて空しいと知った滋は、兄の汚名を雪ぐべく立ち上った。数日後、滋は小谷の事務所にのりこみ、半殺しにあった後小谷から盃を貰った。滋の活躍は華々しく、警察に留置されることもしばしばで小谷はゴキゲンだった。滋はふとしたことでウスノロのチンピラから山田殺害の真相を聞いて憤然とした。それを感づいた小谷は滋を地下室に監禁した。裏切者の子分を滋に射殺させて高飛びする計画の小谷は、康夫を楯に拳銃を握らせた。滋が一瞬のスキをみて電灯を吹きとばし、浅ましい仲間同士の射ちあいとなった。パトカーが到着した時、小谷は死んでいた。真相の一切も小谷の情婦エマがすすんで白状した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。