日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あの人はいま
アノヒトハイマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年03月16日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

由起しげ子原作“罰と愛より”「愛と悲しみと」を監督した大庭秀雄と「川は流れる」の柳井隆雄が共同で脚色、大庭秀雄が監督したメロドラマ。撮影は「秋刀魚の味」の原田雄春。

スタッフ

製作
桑田良太郎
原作
由起しげ子
脚色
大庭秀雄柳井隆雄
監督
大庭秀雄
撮影
原田雄春
音楽
池田正義
美術
芳野尹孝
照明
石渡健蔵
録音
小尾幸魚
スチール
小尾健彦
編集
浜村義康

ストーリー

村井桃子は画壇の重鎮である津田逸作について絵の勉強をしていたが、津田の桃子に寄せる愛情には、彼女の亡母から続いている強い感情があった。しかし、桃子には結婚を約束した建築家の時中弘がいた。二人の結婚の承諾を得るために津田のアトリエを訪れた桃子は、津田の激しい感情に抗しきれず純潔を失ってしまった。そのために桃子は余儀なく時中を突放し、傷心の身を伊豆へ運んだが、そんな彼女を救ったのは実業家の平間であった。彼の磊落で恬淡とした態度に魅かれた桃子は、すべてをなげうって平間の胸に抱かれた。家庭のある平間は彼女の心も生活も束縛はしなかったが、彼に抱く感情が果して何であるか、桃子は悩んだ。再び絵筆を握るようになった桃子に、時中の結婚が伝えられた。相手が会社の同僚で男関係の多い弥生と知って、桃子は一度の汚れから身を退いた自分の真心があまりにもむなしかった。以前にも増して、絵に情熱を傾けはじめた桃子に、津田の弟子、八杉はひたむきな愛情を寄せた。桃子のすべてを承知しながら底知れない善意を持って接する八杉は、彼女の絵が入選した日、愛を告白した。ところが桃子は八杉との再出発を決意したとき、時中とめぐり逢う破目になった。彼は不正事件のために飛騨へ左遷される直前で、折も折、遊び歩いていた弥生が自動車事故で死亡したという知らせがあった。桃子の心は打ちひしがれた時中を見て動揺した。それはやがて一つの決意に変っていた。桃子は、心の中にあったものが、津田でも平岡でも八杉でもなく、ただその人ひとりの上につながるものであったことを知ったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。