日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

機動捜査班 裸の眼
キドウソウサハンハダカノメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年01月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

機動捜査班シリーズの第十二話。松村基生原作を「機動捜査班 東京暴力地図」の遠藤三郎と「横を向いた青春」の西田一夫が共同で脚色、「機動捜査班 群狼の街」の小杉勇が前作にひきつづき監督。撮影もコンビの松橋梅夫。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
松村基生
脚色
遠藤三郎西田一夫
監督
小杉勇
撮影
松橋梅夫
音楽
小杉太一郎
美術
西亥一郎
照明
吉田一夫
録音
太田六敏
スチール
寺本正一
編集
近藤光雄

ストーリー

帝都安全交通協会は、事故の頻発にあてこんだ悪質な示談屋だ。ここの太刀川はなかなかシッポを出さない。彼は目下一攫千金の大仕事を企んでいた。それは、暴力金融業の兵頭のところに強盗が入り、彼のノートと札束が奪われたからだ。強盗は兵頭とは顔見知りの柏木だが、悪質金融のノートを奪われたため警察に訴えるわけにいかなかった。怒った兵頭は、柏木がかつて三国の乾分だったことから、三国に金やノートを取り返すように命令した。一方柏木は、金とノートを東京駅のロッカーへ預けた直後、兵頭の娘阿里子の運転する車にハネられ病院につれこまれた。これを知った太刀川は阿里子に代って自分が車を運転していたことにして、阿里子から五十万円を受取った。その頃、意識を回復した柏木は病院を脱出、多摩川の安宿で兵頭の情婦花江と逢っていた。強盗は花江の計画だった。そこで柏木は初めて、ロッカーの鍵を落したことを知り愕然とした。阿里子の車の中に落したのだ。だが、その鍵は太刀川が持っていたが、太刀川はその鍵の意味を知っていなかった。柏木は太刀川を訪ね、鍵を返せと迫った。初めて意味を知った太刀川は、三国には柏木を引渡すからと言い、柏木には山分けしようと持ちかけ、二人を深夜の貨物駅に呼びだした。しかしいきなり三国が拳銃をぶっ放し、柏木も太刀川を狙った。怒った太刀川は二人を射殺してしまった。その足で太刀川は花江を訪ね金の在り場所を吐かせた。一方、機動捜査班も太刀川を追っていた。そして警戒網が東京駅へ張られた。太刀川と花江が東京駅に現われた。しかし二人の行き場所はもうどこにもなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。