日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

望郷の海
ボウキョウノウミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年10月21日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

「銀座の旅笠」の甲斐久尊のオリジナル・シナリオを、「銃弾の嵐」の古川卓巳が監督したアクションもの。撮影は「渡り鳥故郷へ帰る」の伊佐山三郎。

スタッフ

企画
児井英生
脚本
甲斐久尊
監督
古川卓巳
撮影
伊佐山三郎
音楽
小杉太一郎
美術
松井敏行
照明
高島正博
録音
古山恒夫
スチル
式田高一
編集
辻井正則

ストーリー

待望の世界タイトルへの前哨戦ともいうべき試合は、清の強烈なパンチのラッシュによって宿敵竹村がマットに沈んだ。清のトレーナー雄志は、元全日本のチャンピオン、今は自分の夢である世界タイトル奪取を清に託していた。雄志と婚約者の恵子が勝利を喜び合ったのも束の間、八百長ボス井沢のたくらみで清と恵子が一瞬にして殺されてしまった。ボロクズのように裏切られた雄志にはもはや生きる支えがなくなってしまった。一方、敗れた竹村も井沢に捨てられたことから発狂し、妹のせつ子が面倒を見ていた。せつ子に会い、井沢が企んだ偽装心中という恐るべき事実を聞かされた雄志は、もはや復讐を果たす以外に人生はないことを知った。“井沢はどこに……殺してやる……”雄志は、東北の小都市を牛耳る兄を頼って身をかくした井沢を追って東京を発った。これを知った井沢やその兄は、雄志を消すことを計画した。そして井沢の計画が成功し雄志は殺されたかに見えたが……その死体はみつからなかった。一方、せつ子もこの町に来ていた。ついにボスは、雄志の追跡をくらますために井沢の葬式を盛大に出し、四、五年井沢を海外に飛ばそうと企み、さらに、葬式に現われる雄志を殺害しようと計画を進めた。その当日、花輪の間から雄志が現われた。その顔には“ヤツが死ぬわけがない”という憤りがありありと見えた。「ヤツはあの島で高飛びの支度をしている」遠く沖合いに見える廃坑の島を指したのはトップ屋の白石だった。島に着いた雄志は、廃坑から廃坑へと井沢を追った。泥まみれの激しい死闘……。井沢を波止場に連れ帰った雄志を、ボスを先頭に一味が待っていた。一斉に拳銃が火を吐いた……。パトカーと一緒にかけつけたせつ子に雄志は力強くいい切った。「俺の新しい人生がもう一度カムバックだ」

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。