日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

凶気の桜
キョウキノサクラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2002年10月19日 
製作会社
「凶気の桜」製作委員会東映全国朝日放送東映ビデオ)(製作協力 セントラル・アーツ) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
122分  

渋谷のストリート、若きナショナリストたちの過激な青春を活写したドラマ。監督は、本作が初監督作となる薗田賢次。ヒキタクニオの同名小説を基に、「走れ!イチロー」の丸山昇一が脚色。撮影を「実録・安藤組外伝 餓狼の掟」の仙元誠三が担当している。主演は「ピンポン」の窪塚洋介。

ストーリー

若きナショナリスト・山口は、仲間の市川、小菅と共にネオ・トージョーなる結社を組み、自分たちが生まれ育った渋谷の街から“ゴミ”を排除する為、半端な不良どもを狩る日々を送っていた。そんな3人を面白がり可愛がっているのは、右翼系暴力団・青修同盟会長の青田だ。だがある日、山口らが襲撃したクラブが青修同盟と対立する小西組のシマだったことから、抗争が勃発。巻き込まれるかたちで、小菅はネオ・トージョーを離れ青修同盟の若頭・兵頭の下につき、市川も青修同盟の客分である“消し屋”の三郎と行動を共にするようになる。しかし、それは青修同盟の会長の座と小西組乗っ取りを狙う兵頭の仕組んだ謀略だったのである。小西殺しの罪を着せられ逮捕される市川、小菅も再起不能の重傷を負わされ、青田も兵頭に殺される。全てを知り、怒りを爆発させた山口は、単身、青田の葬儀に乗り込み兵頭を殺害するが、数日後、何者かによって殺されてしまう。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。