日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

機動捜査班 東京暴力地図
キドウソウサハントウキョウボウリョクチズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年09月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
73分  

機動捜査班シリーズの第十話。堀守夫原作から松村基生と遠藤三郎が共同で脚色、前作「機動捜査班 東京午前零時」についで小杉勇が監督。撮影もコンビの藤岡粂信。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
堀守夫
脚色
松村基生遠藤三郎
監督
小杉勇
撮影
藤岡粂信
音楽
小杉太一郎
美術
西亥一郎
照明
吉田一夫
録音
宮永晋
スチル
荻野昇
編集
近藤三雄

ストーリー

数年前まで甲田組と張り合っていた壇一家は、都内のシマを次々に乗っ取り、いまでは湘南海岸にまでその勢力範囲を拡げていた。幹部の勝又と健は、浜で暴れ回っていたジローたちチンピラ雷族“シーホーク”の一団にヤキを入れさせた。甲田組の三木が彼らに入れ知恵をして壇一家に殴り込みをかけさせた。そしてサトルの単車に同乗して勝又と健の車を追った三木は、消音銃で二人を射殺すると、勝又を草むらにかくし健を川崎埠頭まで運び、車ごと海へ沈めた。三木は、その足でアリバイを作りにソープランドセンターのたまえのところへいった。鎌倉署では健が勝又をヤッたものとにらんで捜査を開始した。壇一家の須藤らは甲田組に殴り込んだが事前にこれを知った三木の知らせで警察に逮捕されてしまった。三木は彼らの告訴を取下げてやり、貸しを作った。壇一家もすっかりガタついてしまい、老体の壇は娘の杉子と静かに余生を送ろうとしていた。杉子を連れてやって来た須藤と「これからは仲良くやりましょうや」と握手する三木をみて“シーホーク”の連中は呆然とした。三木は頃合いを見計らって壇一家を乗っ取り、ついでに杉子もものにしようと企んでいた。そんなある日、健の死体が揚がった。三木は危険を感じてサトルを殺し、捜査四課の取調べに対して全くシラを切った。しかし、さしもの三木も悪運つきる時がきた。嫉妬に狂った情婦の利恵が、“シーホーク”の連中に勝又、健、そしてサトルを殺したのは三木だとバラした。ジローたちが一斉に単車に飛び乗ったときには、すでに三木と杉子は逃走していた。大宮刑事がたまえの証言をくつがえしたのも同時だった。国道を突っ走る三木の車に“シーホーク”の単車が喰い下り、その後から利恵に聞いた警視十三号と十号を先頭とする警視庁機動隊が追跡した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。