日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

地獄の夜は真紅だぜ
ジゴクノヨルハシンクダゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年09月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

阿部桂一と加藤有芳が共同で脚本を執筆、「二階堂卓也銀座無頼帖 帰ってきた旋風児」の野口博志が監督したアクションもの。撮影もコンビの永塚一栄。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
阿部桂一加藤有芳
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
山本直純
美術
松井敏行
照明
三尾三郎
録音
高橋三郎
スチル
式田高一

ストーリー

アサヒ・サーカスの呼び物はオートバイ曲技「地獄の夜」だが、その最中、三田光五郎が何者かに射殺された。検死の結果、三田は麻薬患者で、一年前のこのサーカスの麻薬取締官殺しと関係があると見て、警察当局の眼は光った。一座が佐渡から新潟へ渡った夜、伸二という流れ者が雇われた。三田に代って尾崎が光子と曲乗り中、エンジンが故障を起し、真逆様に墜落した。客足の落ちた一座が人気をとり戻したのは、伸二と光子のコンビの魅力である。折も折、沖合の大型貨物船の船室で中国人劉と周がタカラ・サーカスの高岡と麻薬密輸の相談をしていた。香港帰りのヤクザ健をアサヒ・サーカスに送り込み、飼葉桶にヤクを忍ばせて当局の眼を欺こうというのだ。また、乗っ取りをたくらむ高岡はアサヒの辰と政らを買収、興行の邪魔にかかった。ある日、飼葉を運ぶ坂巻運転手が殺された。一方、伸二は、亡き三田のベルトのバックルの裏側から一〇八と記した謎の鍵を発見した。高岡に接近した伸二は、その鍵でヤクをかくしたトランクを手に入れた。光子と伸二の仲を嫉妬した尾崎はそのトランクを盗んで逃げるが、高岡に捕まってしまう。その結果、光子も波止場の倉庫に監禁された。救出に乗り込んだ伸二は、アサヒ・サーカスのマネジャー三鬼が高岡一味と知った。高岡は伸二と健をにらんで「手前らのうちどっちかがデカだってことは判ってるんだ」といった。三鬼の乾分キャロルが魔の注射器を出すと、健は見事な拳銃さばきで政の拳銃をはじき落した。健は麻薬取締官であった。高岡らを倒した伸二が表に出ると、密輸団のボスのピートが光子を楯にワゴンで逃げた。しかし、ピートはキャロルに射たれた。キャロルはピートをフランスから追ってきたドロシー警部である。アサヒ・サーカスは尾崎・光子のオートバイ曲技で巡業をつづけることになった。伸二は再び当てのない旅へ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。