日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銃弾の嵐
ジュウダンノアラシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年09月02日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

城戸礼原作を佐々木健が脚色、「青い街の狼」の古川卓巳が監督したアクションもの。撮影は「抜き射ち三四郎」の峰重義。

スタッフ

企画
安井英男
原作
城戸礼
脚色
佐々木健
監督
古川卓巳
撮影
峰重義
音楽
鏑木創
美術
小池一義
照明
熊谷秀夫
録音
八木多木之助
スチル
斎藤誠一
編集
辻井正則

ストーリー

イキなろくでなし紳士は“ブラックホークのジョー”、やって来たのは小さな港町。彼はそこで美しい娘梨枝とその兄吉田を知ったが、なぜか吉田は早く街を出ろと勧める。折からショバ代を強要しにきた黒崎組の式場を追いはらってやったジョーは、すべてを知った。黒崎組はこの町を暴力や賭博、売春などあらゆる悪にあふれた、暗黒の街としているのだった。ジョーの凄腕をおそれて町を立ち去らせようとする黒崎たちをシリ目に、翌日からジョーの妨害がはじまった。善良な町民達は快哉を叫んでジョーに感謝を惜しまなかった。梨枝だけは胸を痛めて町を去るように頼みこむのだったが。面目を失った黒崎は殺し屋にジョーを狙わせたが失敗し、ルーレットで五百万円もとられ、そのうえ追いかけた乾分たちもさんざんな目にあった。ついに血に狂った黒崎はジョーに協力している宮田を殺してしまった。怒りにふるえるジョーの前に現れたのは宿敵ルガーの健だ。健は懸賞金目当てにジョーを追いまわしているのだが、事情を知ると対決は一番あとにしようと男らしくいい放った。ジョーは何を思ったか式場に近づき、前から新しいボスにと機をうかがっていた式場の気を引いた。黒崎の八つ当りを受け逆恨みした式場は、ジョーと手を組みたちまち町を支配した。一方、気弱くも逃げ出そうとする黒崎にジョーは挑戦をけしかけた。黒崎が乾分集めに飛んだあと、式場にはかられてジョーは監禁された。が、健に救われ霊柩車で町へ逃げた。あとから追う式場の一味、町では黒崎の一派が待ち伏せ壮烈な市街戦がはじまった。ジョーが双方を、制する間に警官隊がなだれ込み、悪の根は一掃された。ニヤリと笑ったジョーはたちまちMGで消えていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。