日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

私と私
ワタシトワタシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年08月11日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

週刊平凡連載中野実原作を「江戸へ百七十里」の笠原良三が脚色、「続社長洋行記」の杉江敏男が監督したミュージカル・ドラマ。撮影もコンビの完倉泰一。

スタッフ

製作
杉原貞雄山本紫朗
原作
中野実
脚色
笠原良三
監督
杉江敏男
撮影
完倉泰一
音楽
中村八大
美術
阿久根巖
照明
猪原一郎
録音
伴利也
スチル
高木暢二

ストーリー

歌の好きな赤城増美は東伊豆バスの女車掌で、養父の庄吉は運転手だ。食堂「ラーメン王」の息子三郎は増美と大の仲よし。ある日、慰安旅行でやってきた芸能プロの荒木社長と新進作曲家衣笠は増美の美しい歌ごえに惚れ込み、東京で本格的テストを受けるようにすすめた。その後、ゴルフ狂の衣笠は軽井沢へ出かけたが、クラブハウスの売店で働く山本まゆみが伊豆で会った増美と瓜二つなのにびっくりした。彼女は旅館「からまつ荘」の女主人よし江の養女である。まゆみの従兄でアルバイト大学生の弘二は、衣笠の話を聞いて、増美とまゆみが双児かもしれないと思った。まゆみがよし江に訊くと、それは事実だった。そして、荒木プロのスタジオでテストの日、三郎と共に上京したまゆみは増美と弘二に会って、姉妹の名乗りをあげた。しかも荒木社長の好意で、二人は築地の旅館で楽しく一夜を送ることができたばかりでなく、庄吉とよし江も上京、双児は庄吉の戦友の遺児だということまで判った。荒木社長が二人を歌手として勉強させたいというので庄吉は喜んだが、よし江は応じない。うわついた職業につかせるのは反対なのだ。増美はまゆみと一緒でなければイヤだと、伊豆へ帰った。軽井沢に戻ってからまゆみはひどいノイローゼにかかり、手を焼いたよし江は庄吉と相談したすえ、それぞれの相手と再婚するからと偽って、娘たちを荒木プロへ預けた。ザ・ピーナッツの芸名でデビューした増美とまゆみは、たちまち人気歌手にノシ上った。誕生日パーティの日、久しぶりで会った三郎の失言から、増美とまゆみは大ゲンカをはじめ、コンビで歌うのはイヤだといい出して揉めるが、衣笠や上田マネジャーの働きで庄吉とよし江の婚約が発表され、増美とまゆは仲よく新作の「幸福のしつぽ」を歌うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。