日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

渡り鳥故郷へ帰る
ワタリドリコキョウヘカエル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年08月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

三年にわたった渡り鳥シリーズの十作目。「女は夜霧に濡れている」の下飯坂菊馬のオリジナル・シナリオを、「太陽と星」の牛原陽一が監督したアクションもの。撮影は「青い街の狼」の伊佐山三郎。

スタッフ

企画
児井英生
脚本
下飯坂菊馬
監督
牛原陽一
撮影
伊佐山三郎
音楽
大森盛太郎
美術
木村威夫
照明
森威夫
録音
沼倉範夫
スチール
井本俊康
編集
辻井正則

ストーリー

ここは瀬戸内海。遊覧船の甲板に立つのは筧組幹部の滝浩で、沿岸の羽衣市から姿を消して三年目……。筧の娘美里は浩への思慕を胸に、土地の青年実業家松山と結婚することになったが、この縁組みは新興ヤクザの宇多組を刺戟した。落ち目の筧組に松山の財力が加わるという嫉みからである。婚礼の夜、筧の親分が自動車事故で不慮の死をとげた。幹部の江崎やチンピラの次郎は、宇多の仕業と睨んで殴り込みをかけようといきり立った。折柄、羽衣港に着いた浩は筧親分の墓前で美里から事情を聞いた。ガソリン・スタンドの源造を訪ねた浩に、源造の息子次郎は筧組の跡目を継いでくれと頼むが、浩はヤクザは嫌だと承知しない。事故現場を調べてから宇多の根城の「マチルダ」へ入った浩は、宇多を刺そうとする江崎を殴り倒した。翌日、松山建設の工事場は賃上げストで大騒ぎだ。明らかに宇多組の仕業である。しかも一挙に筧組を潰そうとたくらむ宇多一味は、浩と美里を自動車で轢き殺そうと図った。浩は敢然と親分の死因調査に乗り出した。こんなとき、宇多側の殺し屋陣内から、浩は呼び出しを受けた。場所は国道の二本榎だ。そこには、筧組の石田と次郎がいた。しかし石田が宇多組に寝返りを打ったと見破って、浩は怒りに燃えた。石田は陣内の銃弾に倒れ、浩と陣内は勝負のつかぬまま別れた。つぎの日、宇多組の根城は手入れをうけたが、すでに大物は逃走したあとであった。浩をおびきだす手段として、宇多組は次郎を浚った。かくてメリー号の船上では、浩、江崎、源造らと宇多組の一味との間に死闘が展開された。あくる日、次郎は浩から意外な事実を聞かされた。「次郎は筧親分の実子なのだ。筧組は近く建設会社になる。跡目を継ぐのはお前のほかにない」。浩を乗せたフェリー・ボートは静かに港をはなれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。