日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

べらんめえ長屋 喧嘩纏
ベランメイナガヤケンカマトイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年02月07日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
 

「千姫と秀頼」の高橋稔のオリジナル・シナリオを、「壁の中の美女」の大西秀明が監督した喜劇・江戸人情噺。撮影は「丹下左膳 乾雲坤竜の巻」の鈴木重平。

スタッフ

企画
橋本慶一
脚本
高橋稔
監督
大西秀明
撮影
鈴木重平
音楽
渡辺宙明
美術
岡田戸夢
照明
前田光秋
録音
矢部吉三
スチル
平井稔乃
編集
堀池幸三

ストーリー

達磨長屋の長兵衛は腕利きの大工だが、酒とバクチが玉にキズ。道具箱を質に入れて仕事に出られず、女房お徳と夫婦喧嘩の絶間がない。気立ての優しい一人娘のお久には、新介という恋人がいる。め組の梯子持ちで生一本の江戸ッ子だが、酒に呑まれるのが欠点だ。新介は早く世帯を持ちたいというのにお久が返事を渋るのは父が飲んだくれだからである。きょうもバクチで負けたことから、長兵衛とお徳がつかみ合いになった。思いつめたお久は新介に二十両の金策を相談し、新介は頭の新門辰五郎に借金を申し込んだが、断られた。辰五郎は新介に、奉行所から手当金二十両を受け取って来いと命じた。お久は父の出入りしている吉原の佐野槌の女将に借金を頼んだ。その金で質屋から大工道具をうけ出し、父に仕事をして貰いたい。一年経って返せなかったら自分の身を売る、という孝心にうたれた女将は、長兵衛を呼んで二十両を渡した。娘の気持ちに泣いて更生を誓う長兵衛であった。一方、新介は奉行所から受け取った二十両を懐にして帰る途中、持前の侠気が仇となり、旗本六法組の連中に叩きのめされ、金を奪われてしまった。佐野槌を出た長兵衛は気絶した新介を娘の恋人とは知らずこの男を助けるため二十両を与え名も告げずに走り去った。娘が身売りした金を知らぬ男にやったと聞いたお徳は逆上した。辰五郎に二十両を渡した新介は「お前に貸してやる金だ」といわれ事のいきさつを白状した。佐野槌の店では、泥酔した六法組の面々がお久に眼をつけて無理難題。駈けつけた辰五郎、新介、め組の連中が六法組を叩き伏せた。とり戻した二十両と共に、お久が辰五郎の手で長兵衛のもとに届けられた。まもなく、新介とお久の祝言が長兵衛の家であげられた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。