日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

太陽と星
タイヨウトホシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年07月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

「銀座の恋の物語」の熊井啓のオリジナル・シナリオを「黒いダイス」の牛原陽一が監督したアクションもの。撮影もコンビの姫田真佐久。

スタッフ

企画
水の江滝子
脚本
熊井啓
監督
牛原陽一
撮影
姫田真佐久
音楽
伊部晴美
美術
大鶴泰弘
照明
岩木保夫
録音
八木多木之助
スチル
式田高一
編集
辻井正則

ストーリー

戸倉剛、武の兄弟は職を求めて、伯母ときの経営するそば屋“万福亭”に上京して来た。ときの一人息子和夫と武はすぐ仲良くなった。二人とも歌手志望で目的が同じだからだ。剛は万福亭で酔っぱらっている三沢という男を世話したことから、彼の経営する三沢運輸で働くことになった。三沢運輸店は三沢が酒浸りになっているのではやらない店だったが、三沢の一人娘伸枝が一切を仕切っていた。その店には、千村、菊川、岡島、安田といったゴロツキ同然の運転手しかいなかった。剛は伸枝から一切を任されると、彼らを腕づくで仕事にかり出した。強引な剛のやり方に、岡島達は反感を持ったが、剛の男らしさに彼等はだんだん惹かれていった。一方、武はジャズ喫茶で唄いながら、歌手になるチャンスをうかがっていた。その時、武はかおるという少し足の悪い少女と知り合った。かおるは安田の妹だ。武は、仲間との賭から、かおるを誘惑することになった。そんなことを知らない剛は、かおるの足を直そうと医者を探して歩いた。そして、かおるの足が直るとわかった剛とかおるは喜んだが、かおるは、弟の武の優しい思いやりが賭になっていたことを知った。剛もそんな弟と知って武を殴りつけた。武は家を飛び出してしまった。しかし、兄の安田は、妹が誘惑されたと信じ込み、武を建設工場に呼び出した。ナイフを持つ安田に武が追いつめられた時、かおると剛が飛びこんで来た。かおるの必死の言葉に安田は一切を覚った。安田は剛の暖かい心に頭を下げた。いいことは重るもので、三沢運輸は、早川物産と大口の取引が出来ることになった。安田は三沢運輸を任され、剛は早川物産に引き抜かれた。仲直りのできたかおると武の顔も明るく輝いてくるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。