日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夢で逢いましょ
ユメデアイマショ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年09月15日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

森功二のオリジナル・シナリオを「おへその大将」の佐伯幸三が監督した歌謡メロドラマ。撮影もコンビの黒田徳三。

スタッフ

製作
永島一朗金原文雄
脚本
森功二
監督
佐伯幸三
撮影
黒田徳三
音楽
平岡精二
美術
狩野健
照明
比留川大助
録音
長岡憲治西尾昇
スチル
大谷晟

ストーリー

高校ラグビー部員をブン殴って糸魚川から上京した女子高生の伊津子は、屋根族の次郎というビル専門の泥棒と知り合う。銀座で芸能プロを主宰している姉の河辺美樹は、伊津子を郷里に帰そうと思うが、恋人でジャズ評論家の増村公一の口添えもあり、自宅の離室に下宿を許す。ザ・ピーナツ、中井礼子、星野洋子たちタレントの卵も一緒だ。しかし、歌手志望の伊津子は「勉強が第一」と戒める姉の言葉をきかず、商売仇の勝田プロと契約を結んでしまう。一挙に河辺プロを潰そうとたくらむ勝田は、卑劣な手段でザ・ピーナツを引き抜く。続いて礼子や洋子までが勝田に走る始末に、河辺プロは大ピンチ……。ジャズ喫茶でうたうようになった伊津子は、ひそかに恋していた増村が美樹と接吻しているのを目撃するや失意落胆、ステージをすっぽかして山岡と自動車をすッ飛ばす。たちまち交通違反でつかまり、スキャンダルを書き立てられた伊津子は勝田プロをお払い箱。だが、ラーメン屋台の甚兵衛爺さんに天分を認められた伊津子は、クレイジー・ベアーズたちと、河辺プロに返り咲く。ザ・ピーナツもマネージャーに欺されたことが判って復帰する。勝田プロに見切りをつけた人気歌手ケリー・益田が河辺プロに移ったのは、伊津子が好きだからのようだ。かくて、伊津子とザ・ピーナツ復帰記念の「大フェスチバル・コンテスト」が大劇場の舞台ではなばなしく開かれた。観客席のかぶりつきで山岡は刑事につかまり、心を残しながら去って行く……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。