日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

今昔伝奇 剣地獄 CHANG・BALLA
コンジャクデンキケンジゴクチャンバラ

作品名でWeb検索する
レイティング
 
英語名
 
上映時間
92分  

親の仇討ちと言う呪縛に翻弄される男たちの運命を描いた時代活劇。監督は、本作が本篇初監督となる「ROPPONGI SOLDIER」の佐藤敏宏。脚本は「今昔伝奇 100TALES 座敷童百物語」のNAKA雅MURA。撮影を石山稔が担当している。主演は「GUN CRAZY 裏切りの挽歌」の永澤俊矢。また、オープニングとエンディングを「今昔伝奇 ~座敷童百物語」の奥田瑛二が担当している。尚、本作は『ガリンペイロ』のレイトショウ第1弾『今昔伝奇』三部作の第3作として、製作・公開された。R-15指定。DVCプロ作品。DLPシステムによる上映。

スタッフ

監督
佐藤敏宏
製作
豊忠雄成澤章伊藤秀裕
企画
尾川匠
プロデューサー
尾川匠
企画
佐藤敏宏
プロデューサー
佐藤敏宏
脚本
NAKA雅MURA
音楽
トルステン・ラッシュ
オープニング&エンディング 監督
奥田瑛二
オープニング&エンディング 出演
奥田瑛二

ストーリー

「今ハ昔……」盲目の琵琶法師が語り始める……。深い山の中、父を殺めた仇が通るのをひたすら待ち続けるひとりの男。ある日、彼は遂に鬼門守護の祈願に向かう家老一行の中に、白装束に身を包んだ仇の姿を見つける。積年の恨みを晴らすべく、仇の男に復讐の刃を向ける男。だが仇の男の方にも、男の父に彼の父を毒殺されたと言う事情があったのだ。しかし、最早引き返すことの出来ない男は、仇の男と宿命の戦いを展開。激闘の末、ふたりは相討ちとなるが、死して亡霊となっても、戦い続けなければならないのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。